ただいま、給与計算ビジネスで「事務所の変革」を実現された
松岡先生との対談ビデオを公開しております。

これまでお届けしたビデオは、以下の2本です。

 ★松岡先生との対談ビデオ(その1)
  http://useful-ep.com/L71358/v527/53841

★松岡先生との対談ビデオ(その2)
  http://useful-ep.com/L71358/v527/63841

昨日より公開した第2回のビデオでは、以下のような情報をご提供
させていただいております。

<松岡先生のインタビュー動画その2>

 ・勤務社労士時代に学んだ給与計算のやり方とは?

 ・顧客の要望通りにやる給与計算の問題点

 ・「業務としての給与計算」と「ビジネスとしての給与計算」

 ・給与計算に振り回されてしまう最大の原因とは?

 ・目から鱗が落ちる「アドバンス講座」

 ・報酬が1.5倍になる「秘密の見積書」とは?

 ・特急(エキスプレス)料金を提示することのメリット

 ・給与計算の実務ができる人ほど陥ってしまう落とし穴とは?

 ・「組織として給与計算を行う仕組み」の作り方

 ・所長が給与計算をやってはいけない理由

 ・給与計算ビジネスの可能性とは?

 ・「基本の徹底」と「変化への対応」

上記のビデオで特に注目をしていただきたいのは、

 給与計算の実務ができる人ほど陥ってしまう「落とし穴」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてです。

職人技的な給与計算は業務スキルとしては素晴らしいことですが、
ビジネスとして考えた場合には、こうした「属人的なノウハウ」は
できるだけ排除しなければなりません。

そうしなければ、効率的・組織的に給与計算サービスを提供することが
できないからです。

また、実務に自信がある人ほど「業務範囲を限定する」ということが
できない傾向にあります。

これはビジネスとして考えると、「致命的な欠点」になります。

繰り返しになりますが、

 「業務としての給与計算」と「ビジネスとしての給与計算」は、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 考え方がまったく違います。
 ~~~~~~~~~~~~~

私が一番お伝えしたいことは、そのことなのです。

そして、ビジネスとして考えた場合には

 事務所として給与計算をやる体制や仕組みを作る
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが何よりも重要になってくるのです。

さて、明日は松岡先生との次のインタビュー動画をお届けしますので、
本日中に以下のビデオをご覧になっておいて下さい。

 ★松岡先生との対談ビデオ(その1)
  http://useful-ep.com/L71358/v527/73841

★松岡先生との対談ビデオ(その2)
  http://useful-ep.com/L71358/v527/83841

松岡先生も学んだ給与計算講座はこちらです。

 ★給与計算パーフェクトマスター講座のご案内
  http://useful-ep.com/L71358/v527/93841

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加