昨日公開をさせていただきました、こちらのビデオはご覧になり
ましたか?

 ★松岡先生との対談ビデオ(その1)
  http://organization-ex.com/L71358/v527/83821

このビデオは本当に参考になりますので、ぜひご覧をいただき
たいと思います。

特に、中堅・ベテランの方で、これからの事務所経営に不安を
お持ちの方は、松岡先生のお話に勇気をもらえるはずです。

<松岡先生のインタビュー動画その1>

 ・開業10年にして、なぜ「第二創業」に取り組んだのか?

 ・なぜ、萩原の講座に参加しようと思ったのか?

 ・講座に参加する前の事務所の状況とは?

 ・「このままでは先が見えない」と思った理由

 ・萩原のメルマガで松岡先生に刺さった「キーワード」とは?

 ・松岡先生が最初に参加した講座は?

 ・現在の事務所の状況はどうなっているのか?

 ・給与計算サービスをどのように活用しているのか?

 ・給与計算を差別化するための2つのポイントとは?

 ・なぜ、名刺交換をするだけで社長とアポイントが取れるのか?

 ・社長の気持ちをグッと惹きつける「キラートーク」

 ・給与計算と助成金を組み合わせた提案方法

 ・なぜ、お願いしなくても「紹介」をしてもらえるのか?

 ・「松岡さんのような社労士に会ったのは初めて」と言われる理由

このビデオの中で、松岡先生がおっしゃった印象的な言葉があります。
それは、松岡先生が座右の銘とされている

 「基本の徹底」と「変化への対応」

という言葉です。

これは、私が大事にしている

 変化はコントロールすることができない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 できるのは変化の先頭に立つことだけである。(P.F.ドラッガー)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という言葉にも通じます。

当時の松岡先生は、

 「これをやっていかないと、自分の事務所は生き残ることができない」

と強い危機感をお持ちになっていたようです。

しかし、松岡先生がこのことを意識し始めた3~4年前に比べて、社労士
業界の現状はかなり厳しい状況になっています。

来年からは大企業の「電子申請義務化」もスタートすることになっており、
将来的には労働・社会保険関係の手続業務の多くは廃止されるでしょう。

こうしたビジネス環境の変化を受けて、自分の事務所をどのように変化
させて行くかについて、私たち一人ひとりが真剣に考えなければならない
時期に差し掛かっているのです。

松岡先生は、「給与計算を中心にした事務所経営をする」という決断を
されました。

もちろん、どのような決断をするのかは、あなたご自身が決めることです。

しかし、手続業務という「顧問型で安定収入を得られるビジネスモデル」
に代わるサービスというのは、なかなか見つかるものではありません。

また、社労士の専門分野である人事・労務管理との相性が良いという点
においても、私は「給与計算」というのは最善の選択肢の一つではないか
と考えております。

そのような視点で、松岡先生との対談ビデオをご覧になってみて下さい。

 ★松岡先生との対談ビデオ(その1)
  http://organization-ex.com/L71358/v527/93821

松岡先生も学んだ給与計算講座はこちらです。

 ★給与計算パーフェクトマスター講座のご案内
  http://organization-ex.com/L71358/v527/103822

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加