これまで、

 「儲かる給与計算をやるために超えるべき5つの壁」

についてお伝えをしてきました。

 ・第1の壁 = 実務の壁

 ・第2の壁 = イレギュラー処理の壁

 ・第3の壁 = 業務効率化の壁

 ・第4の壁 = 差別化の壁

 ・第5の壁 = 単価アップの壁

そして、ただいま

 「5つの壁を突破する」具体的な方法論

として、当社がこれから開催を予定している各種講座の
ご案内をさせていただいております。

<給与計算パーフェクトマスター講座>

 ★給与計算ベーシック講座(第1の壁を突破する!)

 ★給与計算アドバンス講座(第2の壁を突破する!)

 ★給与計算マスター講座(第3の壁を突破する!)

 ★給与データ活用講座(第4の壁を突破する!)

 ★給与計算革命講座(第5の壁を突破する!)

本日は、「給与データ活用講座」についてご紹介します。

この講座は、第4の壁である「差別化の壁」を突破するために

 給与データを活用したコンサル提案のやり方
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてお伝えする内容になっています。

本講座を受講することで、「ライバル事務所との差別化」ができる
ようになります。

給与計算サービスというのは、安定性や継続性という点においては
まったく非の打ち所がない完璧なビジネスです。

しかし、ひとつだけ大きな「アキレス腱」があります。それは、

 給与計算はどこに依頼をしても結果が同じ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

もちろん、計算ミスがないというのは大前提です。

そんないい加減な給与計算をしている事務所など論外ですから、
そもそも比較の対象(ライバル)にすらなりません。

そうではなく、同じようなサービスを提供している事務所と
競合した場合の話をしています。

たとえば、サービスの価値を図る指標に「QCD」というのが
あります。

「QCD」とは、

 Q:Quality(品質)

 C:Cost(価格)

 D:Deliverly(納期)

のことです。

給与計算ビジネスにおいて、Q(品質)とD(納期)に差がなければ、
最後はC(価格)の戦いになってしまうということです。

顧客視点で考えれば、品質と納期が同じであれば、できるだけ
料金が安いところに依頼したいと考えるのは当然のことでしょう。

ですから、ある意味でこれは仕方がないことなのです。

そこで、「価格」以外で「差別化」をすることを考えなければ
なりません。

「給与データ活用講座」では、当社が独自に開発をした

 「人事決算書」というツールを活用して
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 給与計算サービスを差別化するノウハウ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をお伝えします。

 注)「人事決算書」は(株)全就連の登録商標です

このノウハウを手に入れることによって、あなたの事務所では

 データ活用コンサルティング付の給与計算サービス
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という差別化商品を提案できるようになるのです。

ライバル事務所との差別化ポイントがあれば、もう価格競争に
巻き込まれることはありません。

あなたもライバル事務所との差別化をして

 「付加価値の高い給与計算サービス」

を提供しませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加