ただいま、

 「儲かる給与計算をやるために超えるべき5つの壁」

についてお伝えをしております。

これまでお届けしたビデオは以下の3本です。

 ★第1の壁(実務の壁)
  http://organization-ex.com/L71358/v527/73741

 ★第2の壁(イレギュラー処理の壁)
  http://organization-ex.com/L71358/v527/83741

 ★第3の壁(業務効率化の壁)
  http://organization-ex.com/L71358/v527/93741

本日は、「第4の壁」についてお話をしましょう。

================================

 第4の壁: 差別化の壁

================================

第3の壁までクリアできれば、あなたの事務所の給与計算は相当に
収益性の高いサービスになっているでしょう。

しかし、本当の意味での『儲かる給与計算ビジネス』を目指すためには、
まだ突破しなければならない壁が残っています。

それは、差別化の壁です。

給与計算(明細書の発行業務)というのは、どこに依頼をしても結果は
まったく同じになります。

依頼する業者によって、給与の金額が違ってはおかしな話ですからね。

しかし、

 どこに依頼をしても結果が同じということであれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最終的には値段の安いところに流れて行ってしまいます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それが市場原理というものです。
つまり、価格競争に巻き込まれてしまうということです。

そうならないためには、ライバルとは違う付加価値(差別化ポイント)を
付けなければなりません。

あなたの事務所の給与計算は、ライバル事務所との差別化ができていますか?

本日の内容についての詳しい解説は、以下のビデオをご覧下さい。

 ★給与計算ビジネスにおける”第4の壁”
  http://organization-ex.com/L71358/v527/103742

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加