ゴールデンウィーク中に、10日間連続で「オンライン講座」を
公開させていただきました。

トータル2時間以上にもわたる、相当なボリュームでしたが、
最初から最後までしっかりとご覧をいただいた方には十分な
「価値」をご提供できたのではないかと自負しています。

 第1回 令和時代の社労士事務所経営(13分41秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/43381

 第2回 社労士事務所の成長モデル(12分51秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/53381

 第3回 助成金ビジネス(14分16秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/63381

 第4回 給与計算ビジネス(15分59秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/73381

 第5回 就業規則ビジネス(13分02秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/83381

 第6回 労働時間ビジネス(13分12秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/93381

 第7回 賃金コンサルビジネス(19分34秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/103382

 第8回 働き方改革ビジネス(12分47秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/113382

 第9回 社労士事務所の「新・成長モデル」(20分29秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/123382

 第10回 採用支援顧問ビジネス(15分15秒)
 http://organization-ex.com/L71358/v527/133382

ところで、このオンライン講座では、

 令和時代における社労士事務所の「新・成長モデル」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

について初めて公開をしました。

ビデオをご覧をいただいた方は、私が開催している講座はすべて、
この「新・成長モデル」がベースになっているということをご理解
いただけたことと思います。

そして、そのモデルの入口にあるのが「採用」です。

私はこれまで、社労士が採用ビジネスに取り組むことには否定的な
考えを持っていました。

その理由は、知名度のない中小・零細企業では「母集団」を形成する
ことが極めて難しいと思っていたからです。

そもそも、応募者が来なければ「コンサル」のしようがありません。
だから、社労士にはハードルが高いビジネスだと。

しかし、時代は変わりました。

インターネットやSNSの発達により、たとえ小規模な会社であっても
独自の情報発信をすることで多くの応募者を集めることが可能になった
のです。

そして、今は「空前の人手不足時代」です。
ここに非常に大きなビジネスチャンスがあるのは言うまでもありません。

このビジネスの魅力や可能性については、こちらのビデオでご説明を
させていただいております。

 ★採用支援顧問獲得実践塾のご案内ビデオ
  http://organization-ex.com/L71358/v527/143382

私たち社労士にとって、待ちに待った

 助成金に代わる「究極のフロントエンド商品」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が登場したのです!

このビジネスを知らずに、「令和時代の社労士事務所の経営戦略」を
考えることなどできません。

あなたはまだ、「助成金」に頼った顧客開拓を続けますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加