昨日は、「顧客開拓にはお金がかかる」という話をしました。

別の言い方をすれば、「お金を使わなければ顧客開拓はできない」
ということです。

しかし、顧客開拓がうまく行かない人というのは、この感覚を
持っていないのです。

顧客開拓にお金がかかるなんて、まったく想像もしていない。
そんな「勘違い」をしている人が大勢います。

おそらく、その根底には、

 「資格さえ取得すれば顧客は向こうからやってくる」

という「甘え」があるのだと思います。

しかし、現実とは厳しいものです。
顧客開拓にお金を使わない人は、契約を獲得できません。

脅かしでも何でもなく、これは本当のことですよ。

たとえば、セミナーに集客するために10,000通のFAXDMを配信すると、
約5万円の費用がかかります。

しかし、FAXDMを配信したからといって、集客できる保証はどこにも
ありません。

10,000通配信して、セミナー申込者ゼロなんてことはザラにあります。
つまり、

 FAXDMで集客するというのは札束に火をつけて燃やすのと同じ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことなのです。

 あなたは札束に火をつけて、お金を燃やす勇気がありますか?

もちろん、ただ札束を燃やしてしまったのでは何の意味もありません。
しかし、そこから契約が獲得できれば事態は一変します。

簡単なシミュレーションをしてみましょう。

仮に、セミナー開催に(FAXDMと会場費用で)10万円かかったとしても、
そこから50万円の契約が獲得できたらどうでしょう?

 10万円の投資で50万円のリターン。

悪くない投資ではありませんか?

セミナー集客にコストをかけたとしても、これなら札束を燃やしたこと
にはなりません。

要するに、顧客開拓というのは「費用対効果」で考えなければならない
ということです。

しかし、「サラリーマン根性」が染みついてしまっている人には、
この「投資」という概念が理解できないのです。

 限られた収入の中で「やり繰り」をするのはサラリーマンの発想です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 手持ちの資金を投資して最大のリターンを求めるのが起業家です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

社労士として開業するのであれば、「投資マインド」を持たなければ
なりません。

でも、投資をするのであれば失敗は避けたいものです。
そのためにも、投資先は厳選しなければなりません。

こちらでは、新人社労士でも失敗しない確実な投資先を教えます。

 ★6320プロジェクト説明会
  http://organization-ex.com/L71358/v527/93261

たった「6」ヶ月で月額「3」万円の顧問契約を「20」件獲得する
前代未聞のプロジェクトです。

6ヵ月以内に参加費用に見合った売上が達成できなければ「返金保証」を
するという、あり得ないオファーまで付けています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加