新人社労士が「やるべき仕事」は、顧客を獲得することです。
それ以外に重要な仕事などありません。

私がここまで断言するのには理由があります。

それは、ひとたび開業したら

 「入ってくるお金」と「出て行くお金」の追いかけっこ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になるので、一刻も早く売上をあげなければならないからです。

これに失敗してしまうと、「悪魔のスパイラル」に陥ってしまい、
あっという間に「開業資金」が底をついてしまいます。

そうなると、「廃業への道」にまっしぐらへと進んでしまいます。
だから、「ロケットスタート」を決めるしかないのです。

しかし、開業してもなかなか顧客が獲得できない人が多いです。
これはいったい、どうしてなのでしょうか?

ひとつは、「商品選択」の問題です。
このことについては、先日のメルマガでもお伝えをしました。

 「やりたいこと」や「できること」ではなく
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「やるべきこと」をやらなければなりません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この段階でつまずいてしまっている人が結構多いですね。

もうひとつは、顧客開拓に「お金」を使わないことです。

というか、顧客開拓にお金がかかることを理解していない人が
あまりにも多すぎます。

はっきりと言いますが、

 「お金」を使わずに顧客開拓をすることは不可能です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「お金」とは、わかりやすく言えば「広告宣伝費」です。
ダイレクトメール(DM)やホームページの作成費用のことです。

これに加えて、セミナーを開催して営業活動をするのであれば、
「会場費」もかかります。

紹介をしてもらうのであれば、「紹介手数料」などを支払う
場合もあるかもしれません。

「紹介手数料」というのは、「金銭」でなくても「飲食代」に
なることもあるでしょう。その場合は「接待・交際費」ですね。

このような費用を直接負担しなかったとしても、

 顧客を獲得するためにあなたが投じた
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 作業時間や移動時間などはすべて「コスト」になります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「お金」を使わずに顧客開拓をすることは不可能だと言ったのは、
そういう意味です。

たとえば、セミナーを開催するためにFAXDMを10,000通配信して、
10社を集客することができたとします。

その場合、会場費とFAXDMの費用として10万円かかったとすると、

 10万円÷10社=1万円(1社集客するためのコスト)

ということになるのです。

お気づきの通り、これは「見込客」を獲得するための費用であり、
契約を1件獲得するためにかかる費用ではありません。

もし、セミナー参加企業10社のうち1社だけしか契約につながらなかった
場合には、1社あたり10万円の「契約獲得コスト」がかかったことになる
のです。

ところで、顧客開拓にお金がかかるという前提に立てば、いかにお金を
かけずに顧客を獲得するのかが重要なポイントになるでしょう。

つまり、顧客開拓の「費用対効果」です。

こちらのプロジェクトでは、

 「お金をかけずにザクザク顧客開拓をする方法」

についてお伝えします。

もちろん、費用対効果はバツグンですよ。

 ★6320プロジェクト説明会
  http://organization-ex.com/L71358/v527/93251

たった「6」ヶ月で月額「3」万円の顧問契約を「20」件獲得する
前代未聞のプロジェクトです。

6ヵ月以内に参加費用に見合った売上が達成できなければ「返金保証」を
するという、あり得ないオファーまで付けています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加