新人社労士が陥ってしまう「落とし穴」のひとつに、

 「商品・サービス」の選択の間違い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

があります。

たとえば、

 ・労務管理(就業規則)の仕事がしたい

 ・人事コンサルティングをやりたい

 ・研修講師になりたい

 ・キャリアカウンセリングに興味がある

 ・特定社労士や補佐人になって労働トラブルを解決したい

といったものです。

最初にお断りをしておきますが、私はこれらの仕事がダメだと
言っているわけではありません。

そうではなく、「新人社労士」が開業して最初に取り組むビジネス
としては適切ではないと言いたいだけです。

なぜかと言うと、新規顧客を獲得するのが難しいからです。

これまでお伝えしてきました通り、

 新人社労士にとって「最大のテーマ」とは
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「スタートダッシュ」で契約を獲得すること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。それ以外に重要なことはありません。

であるとしたら、「顧客獲得がしやすい」ビジネスを選択ことが
とても大事なことになります。

つまり、「ビジネスの優先順位」です。

多くの人が「できること」や「やりたいこと」でビジネスをしようと
してしまっています。

もちろん、それらのビジネスが世の中から求められているのであれば、
それは素晴らしいことです。

しかし、上述の通り、あなたが「できること」や「やりたいこと」と
世の中のニーズとはずれていることが多いのです。

それでは、顧客(契約)を獲得することはできません。

顧客を獲得するためには、

 「やるべきこと(世の中のニーズが高いもの)」を選択する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことが何よりも大事なことなのです。

では、新人社労士が「やるべきこと」とは何でしょう?

ひと昔前までは、それは「助成金ビジネス」でした。
しかし、今はもう新人社労士が扱うべき商品ではありません。

助成金を獲得する難易度が上がっているのと、報酬が入金される
までに1年以上の時間がかかってしまうからです。

これでは、とても「資金繰り」ができません。

そこで、私が今、新人社労士の皆さんにお勧めしているビジネス
モデルがこちらです。

これこそが、新人社労士のあなたが「やるべきビジネス」だと確信
しています。

 ★6320プロジェクト説明会
  http://organization-ex.com/L71358/v527/133232

たった「6」ヶ月で月額「3」万円の顧問契約を「20」件獲得する
前代未聞のプロジェクトです。

6ヵ月以内に参加費用に見合った売上が達成できなければ「返金保証」を
するという、あり得ないオファーまで付けています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加