私は、自分の仕事(社労士ビジネス)に対して

 「中小企業の経営を支援する仕事」

というセルフイメージを持っています。

具体的には、経営者の「悩み」や「問題」の解決をしたり、
「思い」や「願望」を実現するためのお手伝いをすることが
私たちの使命だと考えています。

そして、私たちの仕事は、

 経営者が抱える「問題が大きい」ほど、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 また「悩みが深い」ほど、
 ~~~~~~~~~~~

 あるいは「緊急性が高い」ほど、
 ~~~~~~~~~~~~~~

それが解決した時には、相手から感謝される度合いも大きく
なります。

相手からたくさん感謝されれば、結果として私たちがいただく
報酬も大きなものとなるでしょう。

ビジネスというのはそういうものだと、私は考えています。

だから、私たちは「経営者の悩み」は何か? ということに対して、
常にアンテナを立てておく必要があるのです。

では、経営者が抱える「悩み」や「問題」とは何でしょう?

このことについては、このメルマガでも何度もお伝えをしてきました
ので、もうおわかりだと思います。

それは、「収益」「資金」「組織・ヒト」に関することです。

もちろん、これは一般論としては間違いないと思っていますので、
私はそのことについて訂正するつもりはありません。

しかし、本日は少し違った視点から考えてみたいと思います。

実は、経営者が抱える「悩み」や「問題」というのは、年齢(年代)
によっても微妙に異なります。

若い経営者であれば、これから会社をどんどん成長・発展させて
いきたいと考えるのは当然のことでしょう。

しかし、シニア世代の経営者の場合には少し事情が違うのです。

たとえば、この世代の経営者は年齢的なこともあり、「体力」や
「気力」、「判断力」などが衰えてきます。

自分でもそれを自覚していますので、いつまで経営者を続けられる
のかということに対する「不安」があるのです。

そろそろ、「次の世代のこと」も考えなければなりません。
つまり、「事業承継」の問題です。

私は、経営者が抱える「最大」にして「最後」の悩みというのは、

 自分が築き上げてきた(あるいは引き継いできた)事業を、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最終的にどうするのか?
 ~~~~~~~~~~~

ということではないかと思っています。

60歳以上のシニア世代の経営者であれば、ほぼすべての人が抱えて
いる問題ではないでしょうか?

ここに「大きなビジネスチャンス」があります。

そのことについて、こちらのビデオで詳しく解説をしておりますので、
ぜひご覧下さい。

 経営者が抱える「最大」にして「最後」の悩みとは?
 http://organization-ex.com/L71358/v527/93101

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加