昨日公開をさせていただきましたこちらのビデオは、もうご覧に
なりましたか?

 顧問料の単価をアップさせる方法
 http://organization-ex.com/L71358/v527/23051

このビデオをご覧になりますと、以下の情報を入手することが
できます。

 ★顧問料の単価をアップさせる「2つの方法」

 ★小規模な会社であっても「高額報酬」が獲得できる理由

 ★なぜ、社労士は社長と「ビジネスの話」ができないか?

 ★保険営業マン時代の「私の失敗談」

 ★社長が興味関心を示す「3つのテーマ」

 ★税理士が「社長の相談相手」にはなれない理由

 ★社長が求めている「相談相手」の条件とは?

 ★「社外取締役」として月額20万円の顧問料を獲得する方法

これからの社労士事務所経営を考える上でかなり重要な情報に
なりますので、これはもう「完全保存版」ですね。

さて、本日は次のビデオを公開させていただきます。

 社長からどんな内容をヒアリングすれば良いのか?
 http://organization-ex.com/L71358/v527/33051

社長の相談相手のポジションを取ることによって、顧問料の単価が
大幅にアップすることはおわかりいただけたと思います。

では、そのポジションを取るために、社長と具体的にどのような
会話をすれば良いのでしょうか?

そのために重要なポイントは「2つ」あります。

まずは、適切な「質問項目」を考えることです。
これがなければ、ただの世間話で終わってしまう危険があります。

そうならないためには、ヒアリングの「ゴール」を明確にしておく
必要があります。

そこから逆算をして、「何を」「どのような順番で」質問すれば
よいのかを設計します。

次に、「質問方法」です。
これは、別の言い方をすれば「質問スキル」になります。

社長からホンネを引き出すためには、社長に「気持ちよく」話を
してもらわなければなりません。

そのための「質問スキル」を身につける必要があるのです。

一般に、「傾聴スキル」とか「アクティブリスニング」などと
言われているスキルですね。

社労士のような専門家の場合、「相手の話」をじっくり聞く前に、
「自分の意見」を言ってしまう人がとても多いのです。

それでは、せっかくの会話が途切れてしまい、社長のホンネを
引き出すことはできません。

でも、安心して下さい。

「質問スキル」はトレーニングをすることによって高めることが
できるのです。

こちらの講座では、

 経営者から企業情報を聞き出すための「質問リスト」と
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 経営者のホンネを引き出す「質問スキル」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

の両方を手に入れることができます。

詳細につきましては、こちらのビデオをご覧になって下さい。

 社長からどんな内容をヒアリングすれば良いのか?
 http://organization-ex.com/L71358/v527/43051

2日間の講座で「ロープレ演習」なども行いますので、一生ものの
スキルを身に付けることができるようになっています。

 企業プロファイラー養成講座
 http://organization-ex.com/L71358/v527/53051

「これだけ」知っておけば社長と経営についての話ができる。
そんなコンセプトで講座の設計をしております。

たった2日間で、あなたに「社長の相談相手」になっていただく
ために開発した特別なプログラムです。

なお、ただいま【初回限定価格】にてご案内をしています。
ただし、先着20名限定となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加