社員30名未満の小規模な会社、しかもオーナー経営の会社であれば、
社長が「Yes」と言えば10万円位の顧問料なら意外と簡単に支払って
もらえます。

そのためには、「社長に気に入られる」ことが大事です。

しかし、ここで私が言っている「気に入られる」という意味は、
社長に媚を売ったり、接待をするということではありません。

むしろ、「社長から必要とされる存在になる」と言い換えた方が
良いかもしれません。

では、社長から必要とされるのはどのような人でしょうか?

ビジネス上の関係に限定をすれば、社長が必要としているのは
「経営に役立つ情報を提供してくれる人」だと思います。

あるいは、「自分の話を聞いてくれて、理解をしてくれて、
それに対して意見を言ってくれる人」ではないでしょうか?

なぜなら、社員30人未満の会社には、そのような人材が社内には
いないからです。

ひと言でいえば、それは「社長の相談相手」ということ。

この「社長の相談相手」というポジションを取ることができれば、
それだけで月額5万円位の顧問料は簡単に支払ってもらえます。

毎月1回訪問をして「社長の相談相手」になるだけで、月額5万円の
顧問料がもらえるのです。

これって、かなり魅力的な仕事ではありませんか?

しかも、経営に関してより高度な相談を受けたり、それに対して
具体的なアドバイスができるようになれば、さらに顧問料は高く
なります。

なぜなら、あなたが「社外取締役」のような存在になるからです。

新入社員にだって20万円近くの給料を支払う時代です。
社外取締役であれば、それと同じ位の報酬をもらって当然でしょう。

しかし、「社長の相談相手」になったり、さらには「社外取締役」の
ポジションを獲得するためには、「絶対に必要な条件」があります。

それは、その会社のことを社長と同じレベルで理解をすることです。

 「この人はウチの会社のことを社員よりも理解している」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思うからこそ、社長も信頼をして相談をしてくれるのです。

あるいは、「社長自身のこと」を誰よりも理解しているからこそ、
相談相手として指名をしてもらえるのです。

さて、あなたは顧問先の「会社」のことや「社長自身」のことを、
どれだけ理解をしていますか?

「社長の相談相手」になって、高額顧問契約を獲得したい人には、
こちらの講座をお勧めします。

 企業プロファイラー養成講座
 http://organization-ex.com/L71358/v527/33031

今回は【初回限定価格】で50%オフでご案内をしています。
ただし、先着20名限定となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加