これからの社労士事務所の戦略として、「顧問契約を強化する」
ということが非常に重要だと考えています。

具体的には、基本となる顧問契約に色々なオプションサービスを
追加して、顧問料の単価をアップさせるということです。

私はこれを「超・顧問契約」(これまでの顧問契約を超える高額な
顧問契約という意味です)と名づけています。

皆さんには最低でも月額5万円、できれば月額10~20万円の顧問契約
を目指していただきたいと思っています。

そうすれば、「忙しいばかりで全然儲からない」という悩みからも
解放されるでしょう。

でも、顧問料の単価を高くする方法は、オプションサービスを追加
することだけではありません。

もっと簡単で、しかも確実な方法があるのです。

それは、「社長に気に入られる」ということです。

社員30人未満の会社で、しかもオーナー経営者であれば、社長が
「Yes」と言えば月額10万円位の顧問料なら簡単に支払ってもらえ
ます。

しかし、多くの社労士は社長とまともに話をすることができません。

実務上も総務部長や担当者と話をすることが多いですから、社長と
直接話をする機会も少ないということもあるでしょう。

だから、社長となかなか会えない、社長と会ってもどんな話をすれば
良いのかわからない、という人が多いのではないでしょうか?

しかし、それでは高額な顧問契約を獲得することはできません。

繰り返しになりますが、オーナー経営の会社であえれば、顧問料を
決めるのは社長だからです。

どんなに総務部長と仲良くしていても、社長に気に入られなければ
顧問料の単価を高くすることはできないのです。

では、どうすれば社長に気に入られることができるのでしょうか?

もちろん、社長とプライベートなお付き合い(食事やゴルフなど)をして、
仲良くなるという方法もあるでしょう。

そういうことが「好き」で「得意」な方は、それでも良いかもしれません。

しかし、すべての顧問先とそんな親密なお付き合いをすることは難しいと
言わざるを得ません。

それでは仕事とプライベートの区別がなくなってしまってしまいます。

ですから、ここでは「ビジネス上の関係」に限定して、社長とどのように
付き合うべきか? についてお伝えをしたいと思います。

そのためには、「社長という生き物」について理解をしておかなければ
なりません。

社長というのは、いったいどのような人たちなのでしょうか?

こちらの講座では、社長と「ビジネス上の関係」を良好にするための
ノウハウをお伝えします。

 企業プロファイラー養成講座
 http://organization-ex.com/L71358/v527/33021

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加