事務所の戦略には、

 「商品(サービス)」×「顧客対象」の組み合わせ

によって、以下の4つの方向性があります。

 「既存の商品」×「既存の顧客」= 既存深耕

 「既存の商品」×「新規の顧客」= 新規(顧客)開拓

 「新規の商品」×「既存の顧客」= 新商品開発

 「新規の商品」×「新規の顧客」= 新規事業

本日は、「新規事業」についてお伝えしましょう。

「新規事業」とは、「新規の商品」を「新規の顧客」に提供する、
これまでとはまったく新しいビジネスを立ち上げることです。

これは「4つの戦略」の中でも、一番難易度が高いとされています。

これまでお伝えした3つの戦略では、「商品」か「顧客」のどちらか
一方は「既存」のものでした。

「新しい顧客(市場)」に打って出るにしても、「商品」については
熟知しています。

あるいは、「新商品」を扱うにしても販売する相手は「既存客」なので、
顧客の状況についてはわかっています。

しかし、どちらも「新規」ということになると、ある意味で「起業」
するのと同じようなものです。

つまり、「ゼロ」からのスタートになります。

だから、いきなり「新規事業」の戦略を採ることはリスクが大きいと
言わざるを得ません。

一般的には、

 「既存商品」×「既存顧客」

       ↓

 「新規商品」×「既存顧客」

       ↓

 「新規商品」×「新規顧客」

という流れか、

 「既存商品」×「既存顧客」

       ↓

 「既存商品」×「新規顧客」

       ↓

 「新規商品」×「新規顧客」

のどちらかのルートで「新規事業」に参入するべきとされています。

たとえば、当社は昨年より「相続ビジネス」に取り組んでおります。

このビジネスは当社にとって「新しい商品(サービス)」であることは
もちろん、対象顧客がこれまでの「法人(BtoB)」から「個人(BtoC)」
になりますので、まさに「新規事業」になります。

「新規事業」の一番の難しさは、

 これまでの「顧客リスト」や「顧客開拓手法」がまったく使えない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

当社には「相続で困っている人のリスト」がまったくありませんし、
私はFacebookやLINEも積極的にはやっていませんので、個人の方に
直接アプローチするマーケティング手法をほとんど知りません。

そこで、まずは「新規商品」×「既存顧客」のルートに向かうことに
しました。

既存顧客は、企業の「経営者(社長)」です。
その人たちに対して、「事業承継」という新商品を販売する作戦です。

そして、次のステップで社長という個人に「相続」の提案をします。
これで「BtoCビジネス」が完成します。

社長を相手にした「個人向け相続ビジネス」の経験を積んでから、
富裕層やサラリーマン向けの相続ビジネスへと展開をする予定です。

このように、「新規事業」に取り組むのであれば、途中にワンクッション
入れて「2ステップ」で参入するのが、失敗しないやり方だと思っています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加