先日、大阪と東京で、

 「超・顧問契約で月額10万円の高額報酬を獲得する方法」

についてのセミナーを開催しました。

セミナーにお申込みをいただいた方には、当日の模様を収録した
ビデオをお届けしておりますので、ぜひご覧になって下さい。

なお、視聴期限が設定してありますので、期限が過ぎてしまうと
ご覧いただくことができなくなってしまいますのでご注意下さい。

さて、このセミナーでは「電子申請義務化時代」に備えて事務所の
コンセプトを見直しする方法についてお伝えをしました。

そして、すべてのサービスを顧問サービス化して月額10万円以上の
高額顧問契約を獲得する方法についても紹介しました。

ですから、セミナーを受講された方は、

 「新規顧客」については新しい料金体系で提案をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 顧問単価をアップさせよう
 ~~~~~~~~~~~~

と心に誓われたのではないかと思っています。

しかし、残念ながら、「決意」をしただけでは現状を変えることは
難しいのです。

なぜなら、

 今のあなたは、既存顧客への日常業務の対応に忙しくて、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「事務所コンセプトの見直し」や「新規顧客開拓」に取り組む
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 時間的な余裕がないからです。
 ~~~~~~~~~~~~~

あなたが「忙しいばかりで、なかなか儲からない」のは、実はここに
原因があると私は考えています。

たとえば、平均単価2万円の顧問先を20件も抱えていたら、それだけで
かなり忙しいはずです。

そんな状態で、新規顧客開拓に取り組む時間的な余裕がありますか?
しかも、月額5万円以上の高額顧問契約を獲得するのですよ。

以前、このメルマガでは「二兎を追う者は一兎をも得ず」という話を
しましたが、まさにその状態に陥ってしまうことになります。

 「二兎を追う者は一兎をも得ず」は顧問契約にも当てはまる
  http://organization-ex.com/L71358/v527/32951

では、どうすれば良いのでしょうか?

実は、私がこのセミナーで一番お伝えしたかったことは、

 既存の顧客との関係性を見直す=顧問料の値上げ交渉をする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

既存顧客の顧問料を2万円から5万円にすることができれば、事務所の
収益は大幅に改善されることになります。

20社のうち3~4社だけでも値上げをすることができれば、値上げ分の
売上でパート職員を1名雇うこともできるでしょう。

あるいは、極端な話、平均単価を2万円から4万円にすることができれば、
顧問先が半分(10社)になったとしても売上は維持できるのです。

 これまで: 2万円×20社=40万円

 これから: 4万円×10社=40万円

顧問先が20社から10社に減れば、時間的な余裕が生まれ、新規の顧客
開拓にもじっくりと取り組むことができるようになります。

ですから、

 「事務所コンセプトの見直し」や「新規顧客開拓」より先に
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  あなたがやるべきことは、既存顧客との値上げ交渉
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

「超・顧問契約セミナー」では、顧問先との値上げ交渉をするための
「顧問契約見直しシート」のご紹介をしました。

近日中に「オンライン講座」として販売をさせていただきますので、
楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加