私は社労士として開業して、今年で21年目になります。

最近では「社労士事務所の経営コンサルタント」として、社労士の
皆さんの経営支援をさせていただいております。

ですから、「社労士」という仕事を愛していますし、プライドを
持って仕事をしています。

しかし、ビジネスの現場においては、自分から敢えて「社労士」と
名乗らないこともあります。

その理由は、「社労士」と名乗ると単価が安くなってしまうことが
あるからです。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

世の中には、

 「この商品(サービス)だったら、大体これ位の値段」

という、いわゆる「世間相場」というものがあります。

たとえば、ランチであれば「大体1000円位」という感覚を持って
いる人が多いと思います。

ですから、ランチの料金を2000円に設定してしまうと「高い」と
思われてしまい、来店する人が少なくなってしまうでしょう。

これと同じように、あなたが「社労士」と名乗った瞬間に、

 「社労士だったら顧問料は2~3万円だろう」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という先入観を持たれてしまうのです。

別の言い方をすると、私が社労士と名乗った瞬間に、

 「ウチにも顧問社労士がいる」

 「知り合いの社労士にも聞いてみる」

みたいな話になってしまい、常に比較の対象に晒されてしまう
ことになります。

たとえば、あなたが助成金の提案をした場合に、

 「この間会った社労士は、成功報酬15%と言っていたけど、
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  あなたは何%でやってくれるの?」
  ~~~~~~~~~~~~~~~

みたいに聞かれたことはありませんか?

これが「社労士と名乗ることのデメリット」です。

では、このデメリットを解消するためには、どうすれば良いので
しょうか?

先ほどの「ランチの話」に戻って考えてみましょう。
たしかに、一般のお店でランチ2000円は高いかもしれません。

でも、「一流料亭の懐石料理ランチ」だったらどうでしょう?
おそらく、「3000円でも安い!」と感じるのではないでしょうか?

つまり、「比較の対象をずらす」ということです。

ですから、私が「役員報酬最適化」の提案をする場合には、

 役員報酬最適化コンサルタント 萩原京二(社会保険労務士)

と名乗るようにしています。

一般の社労士と比較されないようにするためです。

ただし、

 「一応、社労士の資格も持っていますよ」

というアピールをするために、名刺にはカッコして社会保険労務士と
書いてあります(笑)。

要するに、報酬単価を高くするためには、

 あなたが提供しているサービスは
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 社労士であれば誰でも提供できるものではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを伝える必要があるということなんです。

そのためには、敢えて「社労士」という肩書を外すことも考えて
みて下さい。

 ・助成金コンサルタント

 ・就業規則コンサルタント

 ・人事コンサルタント

 ・労働時間改善コンサルタント

 ・ハラスメント対策コンサルタント

みたいな感じで、自分の専門分野をアピールするような肩書を
付けることで、報酬単価をアップさせることが可能になります。

ですから、「名刺」は何種類も作る必要がありますよ。
ちなみに、私は10種類以上の名刺を使い分けています(笑)。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加