私は、社労士ビジネスの最大の魅力は「顧問契約」が獲得できる
ことだと思っています。

顧問契約とは、顧客からの「リピートオーダー」が約束された
安定性抜群のビジネスモデルだからです。

 今月顧問料をお支払いただいたお客様が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 来月も必ず顧問料をお支払いただくことが約束されている。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな恵まれたビジネスなんて、なかなかありませんからね。
まずは、そのことに「感謝」をするべきだと思います。

たとえば、「飲食店の経営」と比較してみて下さい。

どんなに人気があって繁盛しているお店であっても、
今日の売上は開店してみないことにはわかりません。

だから、飲食店の店主は毎日店を開けるまで不安で仕方が
ないはずです。

また、来客が少ない場合には食材を廃棄するなどのロスが
出てしまうリスクもあるでしょう。

しかし、私たちの顧問契約にはそれがありません。

 先月100万円の売上があったら、
 ~~~~~~~~~~~~~~

 今月も100万円の売上が約束されているのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに新規の顧問先やスポット契約があれば、さらに売上が
プラスオンされます。

「仕入れ」や「原価」だってありませんから、ほぼ粗利100%の
高収益モデルになっています。

 こんな安定したビジネスモデルは他にはありません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、この「顧問契約の本当の凄さ」に気づいている人が
あまりにも少ないのです。

別の言い方をすると、

 顧問契約のメリットを十分に活用しきれていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

では、どうすれば良いのでしょう?

当たり前のことですが、「顧問契約」というのは、

 顧客と長期的かつ継続的に関わることができる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という点が最大の特徴であり、それが「スポット契約」との違い
でもあります。

「長期的かつ継続的に関わる」ということは、顧客における日頃の
労務管理状況が把握できる立場にあるということです。

そこで私があなたにお伝えしたいのは、

 この顧問という立場を最大限に利用して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 高額な報酬をもらえるような提案をドンドンしましょう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

そして、それこそが「これからの社労士事務所の戦略」であると
考えているわけです。

 言うなれば、「超・顧問契約」です!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらのセミナーでは、「超・顧問契約」で月額10万円以上の
顧問料を獲得する方法についてお伝えします。

 ★電子申請義務化時代の社労士事務所の顧問サービス戦略セミナー
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/32801

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加