一昨日ご紹介した、

 助成金申請書類自動作成システム
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/42781

にはもの凄い反応があり、ちょっとビックリしました。

通常時に比べて、実に5倍以上のクリック数でした。

このシステム、今はまだ「キャリアアップ助成金」だけにしか対応を
していないみたいですが、助成金の申請書類を自動化することが可能
だということがわかれば、

 必ず他のIT企業が同じようなサービスを開始する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことは確実です。

ビジネスとは、そういうものですからね。つまり、

 助成金業界における「ファーストペンギン」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が現れたということです。

「ファーストペンギン」とは、集団で行動するペンギンの群れの中から、
天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギン
のこと。

転じて、その“勇敢なペンギン”のように、リスクを恐れず初めてのことに
挑戦するベンチャー精神の持ち主を、米国では敬意を込めて「ファースト
ペンギン」と呼びます。

ビジネスの世界でこの「ファーストペンギン」が登場すると、必ずそれに
追従しようとする(マネする)者が現れます。

なぜなら、「この市場にチャンスがある」ということがわかるからです。

だから、「助成金申請書類自動作成システム」をリリースするIT企業は、
これから次々と出てくると予想しています。

もしかしたら、あと5年もすれば、

 「昔は、助成金の申請も社労士に報酬を支払って、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  代行してもらっていた時代があった」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんて昔話のように語られる日が来るかもしませんね。

これは、たとえば音楽の楽しみ方が

 レコード → CD → デジタル音楽プレーヤー → ネット配信

へと変化してきたのと同じです。

さらに、今ではアップルミュージックのような定額聴き放題サービスが
主流になりつつあります。

だから、このような時代を生きている今の若者たちには

 「昔は”レコードという円盤”で音楽を聴いていたんだ」

なんていうことが、にわかには信じられないのではないでしょうか?

ここで私がお伝えしたいことは、私たちは今、

 「時代の変革期」に生きていることを自覚する必要がある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

そして、時代が変われば求められる「スキル」や「サービス」も、
これまでとはまったく違うものになります。

今どき「タイプライター」が打てたとしても、仕事にならないことは
おわかりでしょう。

便利で安価なITツールが次々と登場し、手続業務が電子申請化される時代
において、

 従来型の社労士事務所のサービスではお金がもらえなくなる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことは間違いないのです。

だから、「社労士事務所の新しい戦略」を考えなければなりません。
あなたにそのヒントをお伝えするのが、こちらのセミナーです。

 電子申請義務化時代の社労士事務所の顧問サービス戦略セミナー
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/52781

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加