昨日は、

 報酬(顧問料)はあなたが自由に決めて良いが、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それは顧客にとって「フェア」なものでなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という話をしました。

別の言い方をすれば、これは「顧客に対して誠実であれ」ということ
なのです。

そのためにも、「料金表」は絶対に作らなければなりません。

また、コンサルティング契約をする場合には「見積書」や「契約書」
によって

 料金に含まれるもの、別途費用が発生するもの
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

について明確にしておく必要があります。

これをきちんと行うだけでも、あなたの事務所の売上がすぐに増える
ことを保証します。

実際に、私が開催している「給与計算アドバンス講座」では、

 給与計算サービスの料金設定ノウハウ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてお伝えしているのですが、そのやり方を実践することで
顧問料が1.5倍になります。

たとえば、社員20名の会社の給与計算を月額3万円で受託していた
人であれば、月額5万円位になるわけです。

ということは、年間約20万円の売上アップです。

 このような会社が5社あれば、20万円×5社=100万円。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 10社だと、20万円×10社=200万円の売上アップになるのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは凄いことですよ。

なぜなら、あなたが提供する商品やサービスは何も変わっていないのに、
報酬設定を見直すだけで簡単に売上が増えるのですからね。

これが、私があなたに「料金表」を作成することをお勧めする理由です。

もちろん、新規顧客を開拓する必要もありません。
そんなことよりも、既存顧客の顧問料を見直す方が遥かに簡単です。

それなに、なぜ多くの人は顧問料の見直しをしないのでしょうか?

実は、私にはその「理由」もわかっています。
それは、

 どうやって値上げ交渉をすれば良いのかわからない・・・。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

そこで、次回からは「顧問料を値上げするための方法」について
お伝えしたいと思います。

ぜひ、楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加