いよいよ来週から、東京、名古屋、大阪の三都市で、

 働き方改革でビジネスをするための実践編セミナー
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/22641

を開催します。

東京で4回、大阪で4回、名古屋で1回の、合計9回にも及ぶ
”セミナーキャラバン”です(笑)。

今回のセミナーでお伝えするのは、

 『働き方改革・第2章(セカンドステージ)』
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

に関する情報です。

昨年までは、「働き方改革とは何か?」という話をしていれば
よかったかもしれませんが、「2019年版の働き方改革」は実践
モードに入ります。

だから、具体的な施策の導入(コンサルティング)ができなければ、
ビジネスにはなりません。

それだけではありません。

行政でも、「働き方改革推進支援センター」なるものを設置して、
中小企業の「働き方改革」の推進を行おうとしているのです。

 働き方改革推進支援センターとは?
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/32641

ホームページによると、センターの支援内容は以下の通りです。

 各センターに配置している、社会保険労務士などの専門家が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 無料で事業主の方からの労務管理上のお悩みをお聞きし、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 就業規則の作成方法、賃金規定の見直しや労働関係助成金の活用
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 などを含めたアドバイスを行います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

具体的には、次のような悩みを持つ事業主を想定しているようです。

 ・36協定について詳しく知りたい

 ・非正規の方の待遇をよくしたい

 ・賃金引上げに活用できる国の支援制度を知りたい

 ・人手不足に対応するため、どのようにしたらよいか教えてほしい

 ・助成金を利用したいが利用できる助成金が分からない  

この「働き方改革支援センター」は全国47都道府県に設置されており、
しかも<無料>でサービスを受けることができるのです。

こんな動画までYoutubeで配信しています。

 働き方改革推進支援センターのPRビデオ
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/42641

つまり、私がお伝えしたいことは、

 「2019年の働き方改革ビジネス」は、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

 こうした無料の行政サービスとの差別化ができなければダメ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だということです。

では、そのためには何が必要なのでしょうか?

その答えは、来週からのセミナーでお伝えします。

 働き方改革でビジネスをするための実践編セミナー
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/52641

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加