世の中では、「まず働き方改革ありき」の風潮がありますが、
私はそれは違うと考えています。

なぜなら、働き方改革とは人事労務管理上の課題を解決するための
「改善活動」だからです。

だから、働き方改革を実施する前に、その企業における「課題」を
見つけなければなりません。

そのために必要となるのが「人事決算書」です。

人事決算書がどういうものなのかについては、こちらのセミナーで
ご説明をさせていただきます。

 ★人事決算書の内容を知ることができるセミナー
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/62591

また、セミナーにご参加いただいた方には、

 「人事決算書」の実物(サンプル)をプレゼントします。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜ、私がこの「人事決算書」を皆さんに公開するのか?

それは、

 手続業務に代わるこれからの社労士の仕事は
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「人事データ活用コンサルティング」である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と考えているからです。

たとえば、「女性活躍推進法」や「若者雇用促進法」においては、

 ・離職者数

 ・月平均労働時間

 ・有給休暇取得率

 ・育児休業の対象者、取得者

 ・管理職に占める女性の割合

などのデータを外部に公表することを求めています。

あるいは、求人をする場合には、

 ・平均年齢

 ・平均給与、ボーナスの支給実績

 ・福利厚生

 ・キャリア支援制度

などのデータも公表する必要があるでしょう。

法律的に公表する義務はなくても、良い人材を確保しようと思う
のであれば、できる限りデータの公表をした方が有利に決まって
いますから。

つまり、

 人事労務管理のデータを外部に公表するというのが
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これからの人事労務管理のトレンド
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

 「働き方改革」=人事労務管理データを公開すること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

むしろ、ホワイト企業であるならば、あらゆる人事労務管理データを
積極的に公開すべきだと私は考えています。

反対に、

 人事労務管理のデータを公開できない会社はブラック企業だ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とすら思っています。

しかし、中小企業の現実はどうでしょう?

公開する以前の問題として、そもそもデータが整備されていない会社が
ほとんどだと思います。

だから、私は中小企業にこそ「人事決算書」を普及させていたと考えて
いるのです。

しかし、それは私一人の力ではとても不可能です。
そこで、今回のセミナーで仲間を募集します。

「人事決算書」を活用した人事データ活用コンサルビジネスに興味が
ある方は、ぜひこちらのセミナーにご参加下さい。

 ★人事データ活用コンサルビジネスの仲間を募集するセミナー
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/72591

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加