先週金曜日のメルマガでは、

 あなたが働き方改革でビジネスをしたいのであれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あなた自身が働き方改革に対する「正しい認識」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 持たなければなりません。
 ~~~~~~~~~~~

という話をしました。

あなたは顧問先に対して、

 「なぜ、働き方改革をやらなければならないのか?」

についてきちんと説明することができますか?

 「法律が変わりますので・・・」

としか言えないのであれば、ぜひこちらのオンライン講座を
ご覧いただきたいと思います。

 働き方改革コンサルの最新情報満載!

 <2019年度版>
 ~~~~~~~

 働き方改革でビジネスをするための無料オンライン講座
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★ご登録はこちら
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/62491

これまで手続業務や助成金業務を中心に事務所を経営して
きた方にとっては、

 「働き方改革でビジネスをする」といっても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 何をすれば良いのかわからない・・・。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのが本当のところかもしれません。

でも、そんなに難しく考えることはありません。

働き方改革とは、人事労務管理上の問題点を解決すること
なのですから、今の仕事の延長線上で考えれば良いのです。

たとえば、助成金ビジネスを中心にやっている人であれば、

 「助成金」+「働き方改革」

でサービスを提供することを考えてみて下さい。

あるいは、手続業務を中心にやっている人であれば、

 「入社」+「働き方改革」

 「退社」+「働き方改革」

 「出産・育児」+「働き方改革」

で何か情報の提供ができないか?

給与計算業務をやっている人の場合は、

 「勤怠管理」+「働き方改革」

 「賃金」+「働き方改革」

といった感じです。

就業規則や労務管理がメイン業務の人にとっては、働き方改革は
まさに「宝の山」のはずです。

要するに、あなたが今やっている業務に「働き方改革」のエッセンス
をプラスオンすれば「新しいサービス」になるということ。

こちらの「オンライン講座(第2回)」にご登場いただいております
山崎先生は、

 「採用コンサル」+「働き方改革」

で大変大きな成果を出されています。

ご自身のビジネスに働き方改革をどのように組み込んだのか、
ぜひ参考にしていただきたいと思います。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加