昨日は、「今さら聞けない働き方改革とは?」についてお伝え
しました。

2019年は「働き方改革元年」とも言われていますので、これから
あなたの顧問先からの問い合わせも増えてくることは確実です。

その時に、適切な対応ができないと、顧問先からの信頼を失って
しまうリスクがあるのです。

だからと言って、中小企業の経営者に法律論を振りかざしても
まったく意味がありません。

それでは、かえって逆効果になってしまうこともあります。

私たちがやらなければならないことは、

 「ウチの会社の場合は何をすれば良いの?」

という経営者の疑問や不安に対して、「具体的な対応策」を
伝えてあげることです。

「同一労働同一賃金」を実現するためにはどうすれば良いのか?

「長時間労働の是正」をするためには何をするのか?

「有給休暇取得の義務化」のための対策は?

「ハラスメント」を防止するためには?

経営者というのは、このようなアドバイスやそれを実行する
ためのサポートを求めているのです。

でも、こうした「テクニック論」よりも重要なことがあります。

それは、

 「なぜ、働き方改革に取り組まなければならないのか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということ、つまり働き方改革の「目的」を明確にするという
ことです。

なぜなら、働き方改革というのは「手段」にすぎないからです。

そもそも、働き方改革は何のためにやるのかをきちんと伝える
ことができなければ、まったく意味がないのです。

 あなたが働き方改革でビジネスをしたいのであれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あなた自身が働き方改革に対する「正しい認識」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 持たなければなりません。
 ~~~~~~~~~~~

あなたは顧問先に対して、

 「なぜ、働き方改革をやらなければならないのか?」

についてきちんと説明することができますか?

 「法律が変わりますので・・・」

としか言えないのであれば、ぜひこちらのオンライン講座を
ご覧いただきたいと思います。

 働き方改革コンサルの最新情報満載!

 <2019年度版>
 ~~~~~~~

 働き方改革でビジネスをするための無料オンライン講座
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★ご登録はこちら
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/42461

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加