今年(2019年)は、社労士にとって「勝負の年」になりますので、
綿密な「計画」を立てて「行動」をしなければなりません。

すでに「売上計画」を立てたという人も多いかもしれませんが、
今年に限って言えば、今までと同じように「数値目標」だけを
立てていてはダメなのです。

なぜなら、社労士を取り巻くビジネス環境が大きく変化している
からです。

世の中の変化に合わせて、あなたの経営スタイルも変えて行く
必要があるのは当然です。

だから、「事務所の改革」にも取り組まなければなりません。

具体的に、あなたが取り組むべきテーマは次の3つです。

 ★既存ビジネスの整理

 ★事務所コンセプトの見直し

 ★新たなコンセプトに基づく新規顧客の獲得

手続業務が電子申請化されると、社労士の仕事も大きく変わる
ということは、ほとんどの人が理解していると思います、

だから、あなたも「変わりたい」「変わらなければいけない」
という気持ちを持っているはずです。

たとえば、「脱・手続業務型の事務所」に移行するために、
労務管理や人事制度などのコンサルティング業務を取り入れて
報酬単価をアップさせたい、思っている人もいるでしょう。

だから、「事務所コンセプトの見直しならもうやっている」と
言う人もいるかもしれません。

でも、思っているだけでは現実は何も変わりません。
なぜなら、そのための「行動」を起こしていないからです。

コンサルティング型の事務所を目指すのは素晴らしいことですが、
そのために「具体的に何をしているか?」ということです。

たとえば、顧問先にコンサルの提案をしているとか、セミナーを
開催して新規顧客の開拓をしているとか。

そこまで突っ込んで話を聞くと、

 「いやぁ、忙しくてなかなかできないんです・・・」

という答えが返ってきたりします。

もしかしたら、あなたもこんな状況に陥っていませんか?

では、「事務所の改革」はどのように進めれば良いのでしょうか?

そのためには、「既存ビジネスの整理(見直し)」をすることから
始めなければなりません。

なぜなら、

 「現状」を何も変えずに「変革」をすることはできない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

もっと言うならば、

 あなたが目指している「理想の事務所」というのは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今のビジネスの延長線上にない
 ~~~~~~~~~~~~~~

ということ。

「変革」するためには、「非連続な思考」が求められるのです。。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加