今年(2019年)は、社労士にとって「勝負の年」になりますので、
綿密な「計画」を立てて「行動」をしなければなりません。

こちらのビデオでは、「正しい計画の立て方」についてお伝えを
しています。

 ★萩原式『売上計画達成ノウハウ』(無料オンライン講座)
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/42411

  本日で公開終了となります。

では、具体的にどのような手順で計画を立てるのかと言うと、
次のようなステップになります。

(1)現在地の確認(2018年の振り返り)

(2)あるべき姿を明確にする(3年後の事務所イメージ)

(3)方向性を決める(意思決定)

(4)年間売上計画の作成

(5)年間行動計画への落とし込み

ここで重要になるのが、ステップ3の「方向性を決める」という
作業です。

これは「現在地」と「3年後(あるべき姿)」を結んで、

 「あるべき姿」を実現させるために何をすべきか?

を明確にするということです。

具体的には、たとえば、

 手続業務の売上が現状は80%になっているものを
 3年後には20%まで引き下げる。

 その分の売上をコンサル業務でカバーする。

といった方針を打ち出すということ。

そして最後に、それを「数値」に落とし込んで行きます。
そうやって、今年の「売上計画」を作成します。

でも、「売上計画」を作成しただけでは十分とは言えません。

それを実現させるための「行動計画」も一緒に作らなければ
ならないのです。

事務所計画の立て方は以上の通りですが、繰り返しになりますが、
「2019年は勝負の年」ですから、あなたにはさらにやらなければ
ならないことがあります。

それは、「事務所の改革」に取り組むことです。

社労士ビジネスを取り巻く環境が大きく変化しているのですから、
事務所の経営が今まで通りで良いはずがありません。

世の中の変化に合わせて、事務所の経営スタイルも変えて行く
必要があるのは当然でしょう。

では、そのためには何をすれば良いのか?

あなたの事務所が取り組むべきテーマは、次の3つです。

 ★既存ビジネスの整理

 ★事務所コンセプトの見直し

 ★新たなコンセプトに基づく新規顧客の獲得

具体的なやり方については、こちらのビデオでご説明しております。

 ★萩原式『売上計画達成ノウハウ』(無料オンライン講座)
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/52411

無料オンライン講座の公開は、本日で終了です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加