「助成金顧問契約が獲得できるようになりました!」

 「萩原式の給与計算を9社受注しました!」

昨年の後半あたりから、このような嬉しいご報告をいただくように
なりました。

しかし、このようなご報告をしていただいた方々もすぐに成果を
出すことができたわけではありません。

私の講座にご参加をいただき、現場でノウハウを実践して、
うまく行かないことも沢山ありましたが、それでも諦めずに
実践を続けて、ようやく成果が出るようになったのです。、

ここに到達するまでに、約3年ほどかかっています。
では、どうしてそんなに時間がかかったのでしょうか?

それは、彼らが「新しい事業」に取り組んだからです。

たとえば、「助成金顧問」というビジネスがあります。

これは、多くの方がやっている「成功報酬型の助成金ビジネス」
とはまったく違うビジネスモデルです。

別の言い方をすれば、これは「新規事業」なのです。

最初は「助成金顧問」というビジネスモデルを理解することが
できず、どうしても従来型のやり方に戻ってしまっていました。

頭では理屈を理解していても、「気持ち」がついてこないのです。

だから、ちょっと気を抜いてしまうと、従来のように成功報酬で
提案・契約をしてしまう。

そんなことを繰り返していました。

これまでのやり方で大きな「成果」や「実績」を出してきた人ほど、
やり方を変えるのは難しいのです。

だから、時間がかかります。

これは事務所の「戦略」や「方針」を変える場面でも同じです。

たとえば、「手続業務型の事務所」から「コンサル型の事務所」に
変わるためには、それなりの時間がかかります。

だから、「今すぐ」に取り組みを始めないとダメなのです。

「石の上にも三年」なんて言われますが、

 ビジネスの種を撒き、それが芽を出し、花を咲かせるまでには
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 少なくても3年はかかる
 ~~~~~~~~~~

と思って下さい。

たとえば、今年大きくブレイクすることが予想される「働き方改革」
のビジネスに関しても、私は3年前から取り組みを始めました。

それがようやく今年、花開こうとしているのです。

もちろん、目先の売上を確保することも大事です。

でも、「刈り取り」ばかりをしていては、いつかは収穫できなく
なってしまいます。

だから、将来のビジネスの「種」を撒かなければなりません。
そのためには、「どんな種」を撒くかを考える必要があります。

それが、「事業計画」を立てる作業です。

こちらのビデオでは、そんな話をしております。

 ★萩原式『売上計画達成ノウハウ』(無料オンライン講座)
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/32401

あなたは、未来に向けてどんな「種」を撒きますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加