昨日は、「2019年は社労士にとって勝負の年になる」という
お話をしました。

その理由についても、以下の2つの視点からご説明しました。、

 ・2020年から本格的に手続業務の電子申請化が始まる

 ・働き方改革関連ビジネスがブレイクする

詳細につきましては、こちらのビデオでもお伝えをしております。

 ★萩原式『売上計画達成ノウハウ』(無料オンライン講座)
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/82381

つまり、私たち社労士の業界を取り巻く環境が「劇的に変化」して
いるということです。

このように「変化の激しい時代」にあっては、

 時代を見据えた明確な「戦略」と具体的な「計画」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が必要になります。

しかし、社労士事務所の経営に特化した「戦略」や「計画」の
立て方を教えてくれる講座やセミナーというのはありません。

そこで、私は昨年12月22日に

 『2019年のビジネス戦略&事業計画作成セミナー』

を開催しました。

このセミナーの冒頭30分間の映像を、以下よりご覧いただけます。

 ★萩原式『売上計画達成ノウハウ』(無料オンライン講座)
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/92381

このセミナーで私が最初に実施したことは、

 「2018年を正しく振り返る」ワーク

でした。

なぜ、このワークを行ったのかというと、「現在地」を正しく認識
することができなければ、「計画」を立てることができないからです。

なぜなら、

 「計画」というのは、「戦略」に沿って立てられるものであり、

 「戦略」というのは、「ビジョン」を実現するために考えるもので、

 「ビジョン」とは、目指すべき「方向性」を示したものであり、

 「方向性」とは、「現在地」からどこに向かうのかということ

だからです。

つまり、「現在地」を明確にしなければ、「ビジョン」も「戦略」も
考えることができず、結果として「計画」が立てられないということ。

仮に「計画」を立てることができたとしても、「ビジョン」や「戦略」
から落とし込まれた「計画」でなければ、

 それは「単なる数字のお遊び」にすぎません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だから、「現在地」を把握することがとても重要なのです。
そのためには、「過去を正しく振り返る」作業が必要になります。

では、具体的にどのようにやれば良いのでしょうか?

その方法については、こちらのビデオで解説をしております。

 ★萩原式『売上計画達成ノウハウ』(無料オンライン講座)
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/102382

1月11日(金)までの期間限定公開ですので、今すぐご覧下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加