ただいま、

 アポ取りが嫌いで保険会社をクビになった私が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 どのようにして顧客を開拓し、契約を獲得してきたのか? 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについてお伝えをしております。

このところ、「顧問契約こそが最強のビジネスモデル」だという
ことについてお話をしています。

おそらく、この考え方については異論のないところだと思います。

 『自分は顧問契約はいらない。コンサル契約だけで勝負する』

という人はあまりいないでしょう。

でも、このことは理解できているのに事務所の経営がうまく行かない
のは、どうしてなのでしょうか?

それは、多くの人は「顧問契約に甘えている」のだと思っています。

 たとえば、顧問報酬を顧客の「安心料」だと思っている人。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『いつでも相談できる』という環境を提供しているのだから、
それで顧問社労士としての役割を果たしているという考え方です。

もちろん、そういう考え方もあるでしょう。
あるいは、ひと昔前までなら、それでも良かったかもしれません。

 しかし、今は「インターネットの時代」です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人事労務管理に関するほとんどの情報は、ネットを検索すればすぐに
調べることができます。

顧問社労士に相談しても、結局はネットで調べた情報と同じであれば、
『いつでも相談できる』というのは、もはやメリットになりません。

顧客もバカではありませんから、このようなことが続けば、

 『あの先生と顧問契約をしていて意味があるのか?』

と疑問を持つようになるでしょう。

だから、顧問報酬を『安心料』だと考えている社労士は、そのうち淘汰
されることになります。

だって、顧客に対して何の「価値」も提供していないのに、顧問報酬を
もらうなんて、あまりもムシの良い話です。

繰り返しになりますが、それは「顧問契約に甘えている」と言われても
仕方がないと思います。

私は、

 顧問契約を獲得するのは簡単だけど、それを継続させることは難しい
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思っています。

顧問契約というのは、契約を獲得したら終わりではありません。
むしろ、契約を獲得してからがスタートなのです。

売上を増やすために、新規顧客の開拓ばかりに気を取られていると、
既存顧客のサポートを忘れてしまいがちになります。

だから、「釣った魚にエサをやらない」人が多いのです。
しかし、これが「顧問契約の落とし穴」になります。

たしかに、顧問契約というのは最強のビジネスモデルです。
でも、最強であるが故に「落とし穴」もあるのです。

あなたは、顧問先のメンテナンスがきちんとできていますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加