ただいま、

 アポ取りが嫌いで保険会社をクビになった私が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 どのようにして顧客を開拓し、契約を獲得してきたのか? 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについてお伝えをしております。

昨日は、

 顧客契約こそが最強のビジネスモデルである!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という話をしました。

でも、残念ながら、このことを本当に理解している社労士は
とても少ないのが現実です。

たしかに、コンサル業務などのスポット契約で高額な報酬を
請求する仕事は華やかに見えます。

でも、その状況が永遠に続くわけではないことを理解して
おかなければなりません。

コンサル業務だけで食っていくためには、卓越した顧客開拓
能力がなければなりません。

私はそのことを身をもって体験しました。
だから、わかるのです。

たとえば、人事コンサルティングの仕事。

表向きは賃金制度のシミュレーションや評価制度の設計などを
してかっこよく見えますが、彼らの本当の収益モデルを知って
いますか?

実は、

 人事コンサルタントの収益の柱は研修ビジネス
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

自ら導入した賃金制度や評価制度を運用するために、
目標管理制度や考課者訓練などの研修を行っています。

こうした指導は毎年継続的に行う必要がありますので、
必ずリピートで依頼される仕組みになっています。

 制度の導入をして、運用指導で継続課金をする。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが人事コンサルタントのビジネスモデルです。

この仕組みを理解していないと、コンサル業務(スポット
契約)ばかりを追いかける羽目になってしまうのです。

結局のところ、世の中のビジネスはすべて継続課金が
できる仕組みを目指しているといっても過言ではありません。

だから、顧問契約こそが最強のビジネスモデルなのです。

顧問型でビジネスが展開できる社労士の仕事というのは、
本当に魅力的だと私は思っています。

でも、この「強み」を十分に生かしきれていない人が多いことが、
とても残念でなりません。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加