こちらのビデオの6分32秒のところで、

 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/52131

私は次のような発言をしております。

 「社労士ビジネスで必要なことはすべて助成金から学んだ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

私は開業して20年になりますが、これまでの社労士人生を振り返り、
今、改めてこのように思っているわけです。

開業当初の私は、何も考えずただ闇雲に助成金の顧客を追いかけて、
それなりの売上をあげてきました。

もちろん、収入面だけで考えれば、それなりに満足できる結果を
残せたと自負しております。

でも、その一方で、嫌な思いもたくさんしてきました。

今だから言えますが、不正受給に近いトラブルに巻き込まれたことも
あります。

ただ、今にして思えば、それは自業自得だったことがわかります。
なぜなら、そのような顧客を引き寄せてしまっていたのは自分だから。

私は、助成金ビジネスの「本質」を見失っていたんですね。

では、その「助成金ビジネスの本質」とは何でしょうか?

それは、法定帳簿を整備して「適正な労務管理」をすることです。
「小手先のテクニック」に走って、契約を獲得することではありません。

「適正な労務管理」とは、具体的には以下の法定帳簿や規程をきちんと
整備することなのです。

 ・労働条件通知書

 ・労働者名簿

 ・賃金台帳 

 ・出勤簿(タイムカード)

 ・就業規則

しかし、これらの帳簿類は「ただ書類があれば良い」というわけでは
ありません。

それぞれの書類の相互に、整合性がなければならないのです。

 どの書類とどの書類の、
 ~~~~~~~~~~

 どことどこに整合性が取れているべきなのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という内容については、こちらのビデオで解説しております。

 ◆法定三帳簿攻略セミナー
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/62131

私たちは、こうした帳簿類をしっかりと整備して、助成金が受給できる
ように適正な労務管理を行うことを

 「助成金の受給環境整備」

と呼んでいます。

でも、これって良く考えてみたら、「社労士業務そのもの」だと思う
わけです。

つまり、別の言い方をすれば、

 助成金ビジネスを正しく行うためには、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「労務管理の基本実務」を完璧にマスターしていなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

このように考えれば、これから開業する人、あるいは新人社労士こそ、
助成金ビジネスに積極的に取り組むべきだと思います。

ただし、助成金ビジネスの「やり方」を間違えてしまう大変なことに
なりかねません。

最初にちょっとしたボタンの掛け違いがあると、それが後々になって
大きな問題に発展してしいまうのが助成金ビジネスなのです。

そのためにも、こちらの塾で「正しい助成金ビジネスのやり方」を
学んでいただきたいと思っています。

 ★助成金顧問獲得実践塾(第7期生)説明会
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/72131

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加