只今、「セミナーを開始して顧客開拓をする方法」をしている
のですが、少し話が脱線しておりまして、いつの間にか助成金
ビジネスの話になってしまっていました(笑)。

話を戻しましょう。

セミナー営業で大事なことは、集客をするためのテーマです。

あなたが「就業規則」を売りたいからと言って、就業規則を
テーマにしたセミナーを開催すれば良いわけではありません。

なぜなら、

 あなたが伝えたいことと、
 ~~~~~~~~~~~

 セミナーに参加する人が聞きたいことは違う
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

セミナー集客の基本として、この2つを一致させる「テーマ」を
考えなければなりません。

そのためには、あなたの商品の見込客は「誰」で、その見込客は
「何」に興味があるかを探ることです。

たとえば、今であれば、多くの企業が抱えている共通の問題として、
「採用」があるでしょう。

そこで、採用を「テーマ」にしたセミナーを開催します。

でも、セミナーのメインコンテンツは「就業規則」です。
なぜなら、あなたが販売したい商品は就業規則だからです。

もちろん、「採用」をテーマにしたセミナーですから、採用に関して
役に立つ情報の提供はしなければなりません。

しかし、あなたがセミナーで伝えるべきことは、

 「良い人材を採用するためには就業規則が大事」

ということです。

そこから、就業規則見直しのポイントのような話を展開すれば良い
でしょう。

セミナー参加者は、就業規則には興味がなかったかもしれませんが、
あなたの話を聞いて

 「たしかに就業規則の見直しも大事だなぁ」

と気づいてもらえるかもしれません。

そうすれば、「採用」をテーマにセミナーを開催して「就業規則」の
仕事を獲得することができるでしょう。

でも、あなたがバカ正直に「就業規則」をテーマにセミナーを開催して
いたら、残念ながら集客がゼロだったかもしれません。

このように、セミナー営業を行う場合には、

 「集客商品」と「収益商品」とは分けて考える必要がある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のです。

ところで、セミナーの「集客商品」としては、やはり「助成金」が
最強です。

集客のための助成金セミナーのやり方は、こちらの講座でお伝え
しております。

 ★助成金顧問獲得実践塾(第7期生)説明会
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/52121

セミナー開催用のパワポ資料(解説付き)もプレゼントしますので、
初心者の方でもすぐにセミナー営業ができるようになります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加