昨日は、

 セミナー集客は「タイトル」よりも「テーマ」が大事

ということをお伝えしました。

もちろん、「タイトル」は集客のための重要な要素の一つでは
ありますが、その前に「テーマ」を考えなければなりません。

たとえば、「未払い残業代対策コンサル」という「商品」を
販売するためにセミナーを開催する場合、

 未払い残業代を「テーマ」にすることがベストなのか?

ということを顧客視点で検討する必要があるのです。

たとえば、社長のところに「未払い残業代問題解決セミナー」
というタイトルのFAXDMが届いたら、社長はどんな気持ちに
なるでしょうか?

社員の目もありますので、ビミョーな感じですよね。

場合によっては、「余計なことをしやがって!」と怒るかも
しれません。

そうしたら、セミナーに参加するどころではないでしょう。

もし、「未払い残業代セミナー」をDM(ダイレクトメール)で
集客するのであれば、FAXよりも郵送の方が無難だと思います。

しかし、そもそも「未払い残業代」という「テーマ」が
セミナー営業にふさわしいのかということを再検討する必要も
ありそうです。

そこで、私が「未払い残業代コンサル」を売るためにセミナーを
開催するのであれば、

 ハローワークで求人をしている企業様へ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 労働時間を改善して優秀な人材を確保・定着させる方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みたいなFAXDMを出すと思います。

なぜ、このようなタイトルでセミナーを開催するのかというと、

 セミナーに「集客」することと
 ~~~~~~~~~~~~~~

 セミナー参加者にコンサルを「販売」することは別
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

もちろん、最終的には「未払い残業代コンサル」を販売するわけ
なので、このテーマにまったく関係のない人(会社)を集客しても
意味がありません。

しかし、人材の確保や定着で悩んでいる会社に対して、

 働きやすい職場環境を整備することで優秀な人材を採用でき、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 社員の定着率も高くなりますよ
 ~~~~~~~~~~~~~~

 そのためには、残業時間の削減や有給休暇の取得率アップを

 図りましょう。

 今の時代、未払い残業代があるなんて論外です。

 そんな会社には、良い人材は集まりません!

ということを伝えることはとても効果的です。

このように考えれば、「採用」と「未払い残業代対策」には
共通点があるということになります。

しかも、ハローワークで求人を出している会社というのは
比較的真面目な会社が多いので、法令違反を指摘されると
是正しようとする会社は多いと思いでしょう。

つまり、「採用セミナー」をフロントエンド商品にして、
バックエンドで「未払い残業代対策コンサル」を販売する
という作戦です。

 あなたは「集客」と「販売」を分けて考えていますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加