セミナー営業のデメリットとして、「集客が難しい」ということが
言われています。

たしかに、セミナーを開催して10人以上の参加者を集めることは
簡単なことではありません。

しかし、セミナーの開催を「営業」だと考えれば、人数が問題では
ないことがわかると思います。

たとえ1名しか集客できなかったとしても、個別商談をしたと思えば
「営業」をしたことになります。

だから、5名も集めることができれば営業効率面ではすでに大成功
と言えるのです。

そうは言っても、やはり

 「どうやって集客すれば良いのかわからない」

という人が多いかもしれません。

一番簡単な方法は、FAXDMで集客することです。

FAXDMの配信代行業者がありますので、そこに頼めばすぐにDMを
発送することができます。

配信先のリストも貸してくれますので、地域や業種、企業規模
などで配信先を選択することもできます。

問題はコストがかかること。
1通あたり5~8円程度の費用が必要になります。

5000通配信すると3~4万円、1万通なら5~8万円です。

顧客開拓にはお金がかかるということを理解していない人にとって、
このコストの負担というのが大きなハードルになっているようです。

しかし、そんなにお金をかけなくても、セミナーに集客できる方法が
あります。

それは、「知り合い」に郵便(封書)で案内を出すことです。

たとえば、顧問先の社長。
あるいは、名刺交換をした社長。

まずはその人たちに郵送でセミナーの案内をしてみましょう。
1通82円ですから、100人に案内しても8,200円です。

FAXDMよりも、遥かに安いコストで案内をすることができますし、
もともと知り合いですから反応率も悪くないはずです。

さらに、郵送で案内をした後に電話でフォローをします。
そうすると、参加してくれる人が必ずいるはずです。

参加してくれる人が現れたら、

 「誰か知り合いの社長を連れてきて下さい」

とお願いしてみましょう。

セミナーに1人で参加するのは抵抗がある人もいますので、
そういう人は必ず知り合いを連れてきてくれますよ。

「5人集客する」というのを目標にするのであれば、このやり方が
確実で、しかもコストもあまりかかりません。

ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加