前回は、

「やりたいこと」を見つけるよりも「やりたくないこと」を考える

ということをお伝えしました。

「やらないことを決める」というのも、立派な戦略なのです。

ところで、私はかつて完全歩合制の保険営業の仕事をしていました。

とある事情により、普通のサラリーマンから一攫千金を夢見て転職を
しました。

しかし、思うような成果を出すことができずに、最終的には退職をする
ことになってしまいました。

さいわい在職中に社労士の資格を取得しておりましたので、その流れで
社労士として独立をしました。

今から20年前、1998年12月のことです。

私が保険営業マンを辞めた理由は、成績不良で上司から退職勧奨を受けた
からです。

しかし、それはあくまでも「きっかけ」であり、実は本当の理由は成績不良
ではありません。

なぜなら、私には「会社を辞めずに保険営業マンを続ける」という選択肢も
あったからです。

だって、完全歩合制ですから、契約が取れなければ会社は給料を支払う必要
はないからです。(最低賃金の保証はありますが)

だから、私は会社を辞める必要はなかったわけです。

私が完全歩合制の保険営業マンを辞めた本当の理由は、

 顧客とアポイントを取るのが苦手(嫌い)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だったからです。

もっと正確に言えば、アポイントを取るために「お願い」をするのが
嫌いだったのです。

 『あのぉ~、お忙しいところ誠に申し訳ございませんが、
  私と会って保険の話を聞いていただけませんかぁ~?』

と「お願い」をするのが大嫌いだったのです。

そして、これは営業マンとしては致命的な欠陥でした。

なぜなら、顧客とアポイントを取ることができなければ、保険契約を
獲得することができないからです。

だから、私は保険営業の仕事を辞めました。

その後は、社労士として独立することになったのですが、独立するに
あたって、私はひとつだけ心に誓ったことがあります。

それは、「お願いセールス」は絶対にしない、ということです。

次号からは、

 アポ取りが嫌いで保険会社をクビになった私が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 どのようにして顧客を開拓し、契約を獲得してきたのか? 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

について、具体的にお伝えをしたいと思います。

私のように、人に頭を下げることが嫌いで、顧客開拓がうまく行って
いない方には、かなり役立つ内容です。

ぜひ、楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加