今年5月より、「働き方改革支援コンサルタント養成講座」を
開催しています。

この講座では、「働き方改革」を以下の10のテーマに分類して、
コンサルティングノウハウをお伝えしています。

(1)多様な働き方

(2)非正規社員の待遇改善

(3)女性の活躍推進

(4)若者の雇用促進

(5)高齢者の就業支援

(6)育児と仕事の両立支援

(7)介護と仕事の両立支援

(8)長時間労働の是正

(9)ハラスメント対策

(10)・人材開発、キャリア支援

これら「10のテーマ」は、それぞれが独立して存在している
のではなく、相互に関連をしています。

ですから、「働き方改革」というのは体系的・構造的に捉える
必要がある、と私は考えております。

 働き方改革10のテーマ(解説ビデオ)
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/61531

上記のビデオでもご説明をしている通り、私は「働き方改革」を
「企業の人材活用戦略」として位置づけております。

「10のテーマ」に1つずつ取り組むことで、社員のスキルアップ、
モチベーションアップが図られ、最終的には企業の業績アップに
つながるものと確信をしているのです。

しかし、「働き方改革」を私たち社労士のビジネスとして考えた
場合には、各テーマを一律に取り扱うことはお勧めしていません。

なぜなら、ぶっちゃけた話をすると、

 「働き方改革」にはビジネスになりやすいテーマと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そうではないテーマがある
 ~~~~~~~~~~~~

からです。

もちろん、これは社労士のビジネスとして考えた場合のことですから、
各テーマの重要性を否定するものではありません。

そのことについては、誤解がないようにお願いします。

では、「働き方改革」でビジネスになりやすいテーマとは何か?

 それはズバリ、「労働時間改善コンサルティング」です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もしかしたら、労働時間にビジネスチャンスがあることについては、
何となく分かっているという人も多いかもしれません。

しかし、「どのようにビジネス展開をするのか?」について具体的な
イメージできている人はあまり多くはないと思っています。

そこで、次回からは「労働時間ビジネス」をテーマに情報のご提供を
させていただくことにします。

そのための予習教材として、こちらのオンライン講座へのご登録を
お願い致します。

【無料オンライン講座】|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 『残業が減る・社員が育つ・会社が儲かる』ための
  労働時間改善3つの秘訣

  ご登録はこちら
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/71531

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加