損益計算書を見るときのポイントは、「5つの利益」を理解して
おくことである、という話をしました。

その中でも特に重要なのが「営業利益」です。

営業利益とは、以下の計算式で表され

 営業利益 = 売上 - 原価 - 販管費

「本業で稼ぐ力」を表した指標です。

金融機関が融資をする際に、とても重視する項目になっています。

ちなみに、金融機関は「営業利益」と「減価償却費」をチェック
して、返済能力を見極めています。

ところで、助成金を提案するときのセールストークに

 助成金というのは、タダで貰えて返済する必要のないお金です。

 たとえば、営業利益率5%の会社の場合、50万円の助成金を受給
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 することは、売上に換算すると1000万円に匹敵します。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 (50万円 ÷ 5% = 1000万円)

というものがあります。

しかし、決算書の知識があれる人からみれば、このセールストーク
は間違いであることがわかります。

営業利益率5%ということは、1000万円の売上に対して営業利益が
50万円(1000万円の5%)出ている会社ということです。

しかし、50万円の助成金を受給しても、営業利益が50万円増える
わけではありません。

なぜなら、助成金というのは「雑収入」、つまり「営業外利益」として
計上されるからです。(本業で稼いだ利益ではないということです)

たしかに、「雑収入」が50万円増えれば「経常利益」は50万円増えます。
しかし、「営業利益」はまったく増えません。

だから、「50万円の助成金は1000万円の売上に該当する」というのは
正しくないのです。

このようなセールストークを、決算書に詳しい社長に使ってしまうと、

 『コイツ、経営のことがわかってないな』
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とバカにされてしまいますよ。

さらに言うなら、50万円の営業利益を増やすためには、1000万円も
売上を増やす必要はありません。

なぜなら、プラスアルファの売上をあげるための「固定費」は必要
ないからです。

「変動費率」が50%の会社が、50万円の営業利益を増やすためには、
100万円の売上をあげればよいだけなのです。

もちろん、こうした「たとえ話」はセールストークとして有効な
場合があります。

しかし、正しい知識を持たずに使ってしまうと、思わぬことで足元を
すくわれることがありますので注意が必要です。

あなたは、間違ったセールストークを使っていませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加