社員20名以下の小規模な会社を攻略するためには、社長と直接話し
ができなければなりません。

しかし、

 社長と会っても、どんな話をすれば良いのかわからない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という人がとても多い。

その理由は、あなたが

 自分がしゃべりたい話を社長に一方的に伝えようとしている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からだ、という話をしました。

あなたにも、思い当たることがあるのではないでしょうか?

では、社長と会って話をするためにはどうすれば良いのか?

実は、それはとても簡単なことです。

あなたが一方的に話をするのではなく、社長に話をしてもらう
ようにすれば良いだけなのです。

そう、あなたが一方的に話をするのではなく、あなたは社長の
話を「聴く」ことに徹するのです。

 わかりますか? 「聞く」ではなく「聴く」のですよ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「聞く」というのは、音声が自然に耳に入ってくることです。

 「聴く」というのは、積極的に耳を傾けることです。

つまり、社長の話を「音声として認識する」のではなく、
「内容を理解する」ように真剣に話を聴くということ。

そもそも人間というのは、自分のことに興味を持って

 話を「聴いてくれる人」に好意を持つ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

という習性を持っています。

また、社長という「人種」は、自分のビジネスのことについて、
聴いてもらいたいと思っている人がとても多いのです。

しかし、そうした社長の「武勇伝」を真剣に聴いてくれる人は
ほとんどいないのです。

だから、あなたがその「聴き役」になってあげて下さい。

でも、どうやったら社長の話の「聴き役」になればいいのか?

実は、それも簡単なことです。
適切な「質問」をするだけでいいのです。

 どんな質問をすれば良いのかわからない?

仕方がありません。それも教えてあげましょう。
社長が勝手に話し出す「魔法の質問リスト」がこれです。

 ★現在の事業内容(複数の事業がある場合はそのすべて)

 ★顧客や取引先のこと

 ★業界のこと(市場の環境や競合のこと)

 ★会社の沿革(創業の経緯やターニングポイントなど)

 ★これまでの実績

 ★これまでに一番苦労したこと

 ★それをどうやって乗り越えてきたのか?

 ★事業に対する想い

 ★社員に対する想い

 ★今後のビジョン

 ★会社の業績(決算内容、財務内容)

 ★事業計画

 ★事業計画を達成するための戦略や課題

あなたが、これらの質問を上手に使いこなせることができれば、
何もしなくても社長の話は止まらなくなります。

だって、本当は話したくて仕方がなかったのですから。

そして、気持ちよく話をさせてくれて、真剣に話を聴いてくれた
あなたのことを、社長は大好きになります。

社長があなたのことを好きになりすぎて、ストーカーになっても
私は一切責任を負えませんので、悪しからず。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加