社員20名以下の小規模な会社は、社長がすべての実権を握って
います。

オーナー経営者であれば、なおさらです。

だから、この規模の会社と顧問契約をするのであれば、社長に
気に入られることがとても重要です。

たとえば、あなたが「社長の相談相手」のポジションを獲得する
ことができれば、月額10万円以上の高額報酬を得ることも夢では
ありません。

では、そのためにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは「毎月1回の定期訪問」をすることが最低限の条件です。
信頼関係を構築するためには、「接触頻度」が重要だからです。

しかし、毎月訪問するのはよいけれど、

 社長と会っても、どんな話をすれば良いのかわからない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という人が多いようです。

それはきっと、あなたが

 自分がしゃべりたい話を社長に一方的に伝えようとしている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からだと思います。

あなたは社長に対して、人事労務管理のことや法律のことなどの
「社労士ネタ」を披露しようとしているのではありませんか?

別の言い方をすれば、自分の専門知識をアピールしようとしている。

しかし、社長というのは、そんな話に興味はないのです。
法律の難しい話を聞かされても、内容が理解できなかったりします。

だから、あなたは社長に対して情報を「伝えた」つもりであっても、
その情報は社長には「伝わっていない」ことが多いのです。

 「伝えること」と「伝わること」は違います。

これは「コミュニケーションギャップ」ですね。

こうした「すれ違い」が続いてしまうと、社長の気持ちは少しずつ
あなたから離れて行ってしまいます。

そうなると「忙しいふり」をして、なかなか会ってもらえなくなる
というのが定番のコースです。

 「先生も忙しいでしょうから、わざわざ来てもらわなくても・・・」

 「今、ちょっとバタバタしていますので・・・」

 「何かありましたら、こちらから連絡をさせていただきます」

このような「言い訳」をされたことがある人は要注意です。
あなたには、そんな経験はありませんか?

だって、あなたが社長にとって「本当に大事な人」であるのなら、
どんなに忙しいとしても、いや忙しいからこそ、あなたに会いたい
と思うはずです。

次回からは、社長があなたに必ず会いたくなるような「鉄板ネタ」
をご紹介することにしましょう。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加