3年度には手続業務がなくなるという前提に立ち、社労士事務所の
戦略を見直のであれば、次の「2つの方向性」が考えられます。

 ・実務系で展開する

 ・経営の中に入り込む

「実務系の展開」については、すでにお伝えをしましたので、
本日からは「経営の中に入り込む」ということについて考えて
みたいと思います。

「経営の中に入り込む」ということは、結論から言うと、

 社長の相談相手になる
 ~~~~~~~~~~

ということです。

社員20名以下の小規模な会社の場合、すべての決定権は社長に
あります。

ですから、この規模の会社を攻略するためには、

 社長に気に入られるかどうか?
 ~~~~~~~~~~~~~~

が極めて重要なポイントなのです。

極論を言えば、20人未満のオーナー企業の場合、

 社長に気に入られるかどうかで顧問料が決まる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

社長に気に入られなければ、どんなに豊富な専門知識を持って
いたとしても、契約を獲得することすらできません。

では、社長に気に入られるためにはどうすれば良いのか?

一番簡単な方法は「接触頻度」を増やすこと、つまり定期的に訪問を
して社長と直接話をすることです。

しかし、手続業務型の顧問契約をしていると、窓口である総務部長や
担当者と業務連絡をしているだけで、顧問先を訪問しても社長と直接
話をしていない人がとても多いのです。

これは非常に「危険な状態」と言えるでしょう。
なぜなら、社長に対するサービスがまったく提供できていないからです。

社長からしてみれば、あなたは

 総務担当者の業務をサポートをしている「業者」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という位置づけになってしまっているのです。

つまり、あなたは

 「社長にとってメリットのある存在」
  ~~~~~~~~~~~~~~~~

ではないということ。

だから、顧問料の単価が高くならないのです。

社長に気に入られるためには、「社長の相談相手」のポジションを
獲得しなければなりません。

では、そのためにはどうすれば良いのでしょうか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加