社労士を取り巻くビジネス環境は、劇的に変化しています。
だから、あなたの事務所の戦略を今すぐ見直す必要があります。

今、私がお伝えしていることは、こういうことです。

私がこのような話をする背景について、これまでお伝えしてきた
ことを、少し整理してみましょう。

 行政手続の効率化で、手続業務が不要になる。

 HRテックの台頭で、小さな会社も自社で手続きができる

 書類作成・提出代行型のビジネスモデルが成り立たなくなる

この大きなトレンドについては、あなたも異論がないと思います。

 「その時」はいつやってくるかわかりません。

 でも、確実にやってくることは間違いありません。

だったら、今から「その時」に備えておく必要があるでしょう。

 じゃあ、いつやるのか? 「今でしょう!」 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということですね。

ここで問題になるのが、

 「どうすればよいのか?」「何から始めればよいのか?」

ということだと思います。

そのことが分からないために、「はじめの一歩」を踏み出すことが
できない人も多いのかもしれません。

しかし、厳しい言い方になりますが、それを決断することこそが
経営者の仕事なのです。

何をするのが「正解」なのかを求めて何もしないのではなく、
大事なことはとりあえず「行動」をしてみることです。

「行動」をすれば、必ず「結果」のフィードバックがあります。

実際に「行動」をしてみて、上手く行かないということがわかる
ということも、立派な「成果」です。

 成功の反対は失敗ではない。行動しないことだ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まずは、あなたの事務所の「現状」をきちんと「分析」して下さい。

次に、今後の事務所経営の大まかな「方向性」を決めます。
「実務系」で展開するのか、「経営」の中に入り込むのか?

そして、具体的な「数値目標」と「行動目標」を設定します。

ここまでが、「PDCAサイクル」の「P(計画)」です。

この「P(計画)」がなければ、「D(行動)」をすることが
できません。

「D(行動)」がなければ、「C(検証)」や「A(改善)」が
行われることもありません。

つまり、「P(計画)」がなければ「PDCAサイクル」を廻すことも
できないのです。

あなたの事務所には、「P(計画)」がありますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加