先日までご案内をしておりました特別講演会

 「AI時代における社労士事務所の経営戦略」

は、お陰様で満員御礼となりました。

私が予想したよりもかなり早いペースで満席になり、改めまして
このメルマガ読者の皆さんの情報感度の高さを再認識しました。

ただ、こうした講演会というのは”きっかけ”に過ぎません。

大事なことは、そこで

 「何を感じ」「何に気づき」「どう行動するか」

ということです。

私が本当にお伝えしたいことは、講演会に参加する人も、
都合により参加できなかった人も、

 これからの事務所経営について真剣に考える必要がある

ということです。

だって、このままでは本当にヤバいですから・・・。

これは何度もお伝えをしていることですが、

 これからの社労士事務所の経営は
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 手続業務がなくなることを前提に考えなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と私は考えています。

しかし、このことを本当に理解できている人はどれ位いるでしょうか?

手続業務がなくなると、手続に関する「相談業務」もなくなります。

つまり、多くの社労士が顧問契約として提供しているサービスの
大部分がなくなってしまうのですよ。

試しに顧問先をリストアップして、提供しているサービス内容と
顧問料の一覧表を作成してみて下さい。

現在の顧問料(月額)の合計額はいくらですか?

そこから、「手続業務」や手続きに関する「相談業務」がすべて
なくなってしまったら、顧問料(月額)はいくらになりますか?

 そうなってしまったら、事務所の経営はどうなりますか?

 あなたの収入はどうなりますか?

 職員に給料を支払うことはできますか?

私がお伝えしたいのは、このような

 あなたの事務所が直面している「現実的かつ具体的な問題」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をどのように解決するのかということです。

残された時間は、あまり多くはありません。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加