前回は「HRテック」が急速に普及していることについて、お伝え
しました。

HRテックとは、

 HR(Human Resource)× テクノロジー(Technology)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

の造語です。

 勤怠管理や給与計算はもちろん、

 採用から配置、退職までの人事管理、

 目標管理や人事評価制度、

 社員のモチベーション管理、

 リーダー育成

などの幅広い人事関連業務において、AIやクラウドなどの
最先端のテクノロジーが導入されています。

本日は、採用関連のHRテックツールについて見てみましょう。

新卒のダイレクトリクルーティングに特化したサービスに、

 Offer Box(オファーBox)
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/11231

があります。

OfferBoxは、学生がプロフィールを登録しておくと、それを見た
企業から採用オファーが届く就活アプリです。

プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、
待っているだけで企業にアピールができる、というものです。

登録から採用が決まるまでの流れは以下の通りです。

(学生側から見た仕組み)

(1)プロフィールを登録する

(2)企業からのアクセスをチェック

(3)企業からオファーが届く

(4)お互いに興味を持って選考がスタート

(5)相互理解を深める少人数制の選考 → 内定

一方、企業側から見たの仕組みはどうなっているのでしょう?

(1)条件を指定して学生を検索

(2)プロフィールで普段の姿や過去の経験を確認

(3)会いたい学生に1通1通オファー

(4)学生が承認

(5)先行スタート → 内定

ご覧をいただいてわかると思いますが、企業から学生に対して
直接オファーをして選考がスタートするのが大きな特徴です。

これまでの採用とは正反対のやり方ですね。

企業にとっては、従来の手法ではなかなか出会えない学生を振り
向かせることができるというメリットがあります。

しかも、OfferBoxには学生検索の負担を減らす目的で、AIによる
検索システムが導入されているのです。

行動履歴の解析結果とビッグデータを照合することで、企業別の
「会いたい学生」を検索結果に表示させています。

企業が学生にオファーを送れば送るほど、自社が選びやすい学生を
AIが学習するので、使えば使うほど検索にかかる工数が削減できる
ようになります。

このように、Offer Box は

 学生に対しては、自分では見つけられない企業との出会いを提供

 企業に対しては、待っていても会えない学生との出会いを提供

することで、双方の「出会い」と「相互理解」の機会を増やし、
「入社後の可能性を広げる」という理念で事業展開をしています。

これって素晴らしい仕組みだと思いませんか?

AIが人間の仕事を奪うなどと言われていますが、テクノロジーを
活用することで、人間が幸せになれることもあるのです。

このあたりに、「AI時代を生き抜くためのヒント」があるのかも
しれません。

こちらの<特別講演会>では、「AIと人間の幸せな関係」について
お話をいただきます。

 【特別講演のご案内】9月5日(水)開催!

 AI時代を生き抜くための社労士事務所の経営戦略
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/21231

残席わずかとなっています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加