ただいま、こちらの講演会のご案内をしております。

 【特別講演のご案内】9月5日(水)開催!

 AI時代を生き抜くための社労士事務所の経営戦略
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/41181

ところで、あなたは「RPA」のことをご存知ですか?

 RPA = Robotic Process Automation

「RPA」とは、ホワイトカラーの間接業務を自動化する技術で、
海外では「デジタル・ワークフォース」とも呼ばれています。

構造化されたデータを収集・統合し、システムへ入力するといった、
単純なフロント/バックオフィス業務を自動化することが可能です。

特に、以下ような業務は「RPA」と相性が良いとされています。

 ・一定のルールに従って繰り返し行われる

 ・構造化されたデータを扱う

 ・ウィンドウズやクラウドサービス等のアプリケーションを使う

 ・業務プロセスが標準化されている

 ・プロセス実行に3人以上のリソースが求められる

 ・ヒューマンエラーが起こりやすい

さて、この「RPA」には一般に「3つの段階」があるとされていますが、
ここでは第1段階のことを狭義の「RPA」と呼ぶことにします。

「RPA」も第2段階、第3段階になると、「判断力」や「自己学習機能」
が装備され、複数のデータをひも付けて分析し、システム自体で判断
ルールを組み立てることができるようになります。

これがいわゆる「AI」の領域です。

つまり、「AI」とは大量のデータ(ビッグデータ)をもとに分析し、
自動的に結果を出力するのが特徴なのです。

一方、「RPA」は誰かによって決定されたルールに沿って、単一的に
作業をこなすのが主な特徴だと考えて下さい。

(専門的には少し違うかもしれませんが・・・)

このように、「RPA」は「AI」ほど賢くはありませんが、安価で導入
できるというメリットがあり、導入もそれほどは難しくありません。

実際に、現在は日本でもRPAの導入が積極的に進められています。

メガバンクが揃ってリストラをしている背景には、この「RPA」の
導入があるのです。

実は、今回の講演会で私があなたに一番お伝えしたいことは、
この「RPA」のことなのです。

 私たちの専門分野である人事労務管理の領域で、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この「RPA」が本格的に導入されるとどうなるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

藤野さんには、そんな話をしていただこうと思っています。

たとえば、「RPA」と相性が良いとされている以下の仕事。

 ・一定のルールに従って繰り返し行われる

 ・構造化されたデータを扱う

 ・ウィンドウズやクラウドサービス等のアプリケーションを使う

 ・業務プロセスが標準化されている

 ・プロセス実行に3人以上のリソースが求められる

 ・ヒューマンエラーが起こりやすい

これって、給与計算業務のことですよね?

ということは、「手続業務」だけでなく「給与計算業務」だって
なくなってしまう可能性が高いのです。

 じゃあ、社労士はいったいどうやって飯を食えばいいんだ?

それに対する具体的な解決策についてもお話いただく予定です。
講演会に参加するかどうかで、あなたの未来が大きく変わります。

 【特別講演のご案内】9月5日(水)開催!

 AI時代を生き抜くための社労士事務所の経営戦略
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/51181

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加