ただいま、賃金コンサル業務をスポット型から継続課金型ビジネス
に転化するための【賃金顧問契約】についてご説明をしています。、

これまで「賃金顧問サービス」の標準的なスケジュールとして、
以下の内容をお伝えしました。

 2月・・・昇給、昇格に関する相談

 3月・・・昇給、昇格に関する相談、下期の評価

 4月・・・昇給実務、

 5月・・・昇給FB確認

 6月・・・賞与に関する相談

 7月・・・賞与のFB確認

 9月・・・中間評価の確認

 11月・・・賞与に関する相談

 12月・・・賞与のFB確認

本日でこのシリーズの連載を終了したいと思いますので、残り
3ヵ月の指導内容を一気にご紹介しましょう。

 1月・・・今年の賃金制度に関する方針打合せ

 10月・・・上期(4~9月)の振り返りと下期の方針確認

賃金顧問サービスは顧問契約ですから、基本的には1年を単位
として業務を遂行します。

ですから、節目節目においての振り返りや方針の確認作業が
必要になります。

たとえば、1月は1年間のスタートの月になりますから、
その年の賃金制度の方針について

 「今年の賃金制度のテーマはどうしましょう?」

といった感じで打ち合わせをすることができます。

また、4月や10月は事業年度(上期、下期)の開始月になりますから、
前期の振り返りや今期の方針について確認をして下さい。

最後に残るのは8月ですが、ここは「予備月」としておきます。

実際に賃金顧問サービスを提供すれば、その中で色々な問題が発生
してきますので、それに対応するための余裕を残しておくことも
必要になります。

そのような事態が発生しなかった場合には、

 「残業代」や「臨時昇給」

などについての打合せをしてもよいでしょう。

以上のことを整理しますと、あなたが「賃金顧問契約」を獲得して
クライアントに提供するサービスの標準的なスケジュールは以下の
ようになります。

<完全保存版:賃金顧問サービスの年間スケジュール>

 1月・・・今年の賃金制度に関する方針打合せ

 2月・・・昇給、昇格に関する相談

 3月・・・昇給、昇格に関する相談、下期の評価

 4月・・・昇給実務、

 5月・・・昇給FB確認

 6月・・・賞与に関する相談

 7月・・・賞与のFB確認

 8月・・・予備

 9月・・・中間評価の確認

 10月・・・上期の振り返りと下期の方針確認

 11月・・・賞与に関する相談

 12月・・・賞与のFB確認

もちろん、賃金顧問サービスは通常の顧問契約とセットで提案を
して下さいね。

そうしれば、顧問料の単価を2~3万円アップさせることが可能に
なります。

月額3万円の顧問料アップが3年間継続すれば、それだけで100万円
以上の売上アップになるのです。

これから手続業務がなくなることを考えれば、賃金制度や人事制度
に関するアドバイスをすることは、社労士として生き残るための
重要な「自己防衛策」ではないでしょうか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加