ただいま、「助成金を活用した賃金コンサルティング講座」の
ご案内をしております。

 助成金を活用した賃金コンサルティング講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/71081

これまで、あなたが賃金コンサルティングに取り組むべき理由
として、以下のことをお伝えしてきました。

 その1 給与計算ビジネスとの相性が非常に良い

 その2 就業規則の仕事が獲得しやすくなる

 その3 賃金コンサルの専門家が少ないのでチャンスが大きい

 その4 顧問料の単価アップを図ることができる

 その5 顧客ニーズが高い

 その6 助成金が活用できる

 その7 働き方改革支援ビジネスができる

いま一度、この「7つの理由」について真剣に考えてみて下さい。

これからの社労士事務所の経営は、手続業務がなくなることを
前提に考えなければなりません。

現在の顧問契約が手続業務を中心としたサービスになっている
事務所は、売上が半減することが確実です。

今すぐ、「次の事業の柱」を作らなければならないのです。

それが給与計算であろうと、就業規則であろうと、働き方改革
のコンサルであろうと、すべてのビジネスにおいて賃金制度の
見直しが関わっているのです。

また、労働トラブルの最大の原因は、賃金制度にあるといっても
よいでしょう。

 賃金制度を制する者は社労士ビジネスを制する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は本気でそのように考えています。

そして、経営者は給与の決め方で悩んでいるのです。

でも、その悩みというのは専門家に高いお金を払ってまで
解決したい悩みではありません。

だからこそ、助成金を活用して「実質無料」の賃金コンサルを
提案しなければビジネスにはならないのです。

 助成金を活用した賃金コンサルティング講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/81081

ところで、私は現在、「事業承継・相続」について研究をして
います。

書籍を大量に購入して、講座も手当たり次第に受講しています。
受講している講座の中には、かなり高額なものも含まれています。

 4月から受講している講座の受講料は540万円です。

なぜ、そんなに高額な受講料を支払って講座を受講するのかと
言うと、その理由はたった一つしかありません。

 ノウハウをお金で買って時間を短縮する。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事業承継・相続のビジネスは、これから5年間が大きなビジネス
チャンスになっています。

今から勉強をして、自分でノウハウを開発できたとしても、
その頃にはビジネスのタイミングを逃してしまいます。

だとしたら、たとえ高額な受講料であっても「時間を買う」ことに
大きな意味があると考えたわけです。

もちろん、これはビジネス上の「投資」ですから、早期に回収を図り、
投資額の10倍以上の収益をあげる計画を立てています。

ですから、この講座もそうした「ビジネスマインド」をお持ちの方に
だけ、ご参加をいただきたいと思っています。

 助成金を活用した賃金コンサルティング講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/91081

私の方では「豪華10大特典」と「スペシャル特典」をご用意して、
あなたのご参加をお待ちしております。

ただし、こちらの特典は【明日で消滅】となります。

 職業能力評価基準データベース
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/101082

 93,000件のデータベースの凄さとは?
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/111082

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加