ただいま、「助成金を活用した賃金コンサルティング講座」の
ご案内をしております。

 助成金を活用した賃金コンサルティング講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/31051

これまで、あなたが賃金コンサルティングに取り組むべき理由
として、以下のことをお伝えしてきました。

 その1 給与計算ビジネスとの相性が非常に良い

 その2 就業規則の仕事が獲得しやすくなる

 その3 賃金コンサルの専門家が少ないのでチャンスが大きい

 その4 顧問料の単価アップを図ることができる

 その5 顧客ニーズが高い

 その6 助成金が活用できる

本日は<理由その7>をお伝えします。
それは、働き方改革支援ビジネスができることです。

先日、働き方改革関連法が成立したことにより、これから

 「働き方改革関連ビジネス」

が本格的に動き出します。

実は、この「働き方改革」は、ある意味で「賃金制度改革」とも
言えるのです。

なぜなら、働き方改革の各テーマには以下の通り、

 賃金制度の見直しが必要になるものが非常に多い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

 ◆非正規社員の待遇改善 → パート社員の賃金制度

 ◆多様な働き方 → 限定社員の賃金制度

 ◆女性の活躍推進 → 昇給・昇格基準の見直し

 ◆高齢者の就業支援 → 嘱託社員の賃金制度
             退職金制度の見直し

 ◆長時間労働の是正 → 削減した残業代を賞与で還元

特に、「同一労働同一賃金」「長時間労働の是正」については、
働き方改革の中でも最重要の課題となっています。

これらのビジネスに関わるためには、賃金コンサルができなければ
ならないということです。

別の言い方をすれば、

 賃金コンサルができるようになれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 働き方改革ビジネスができるようになる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

  働き方改革=賃金制度改革
  ~~~~~~~~~~~~

このチャンスを逃したくない方は、ぜひ以下の講座にご参加下さい。

 助成金を活用した賃金コンサルティング講座
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/41051

24日(火)までにお申込みをいただきますと、期間限定の
スペシャル特典をプレゼントします。

 職業能力評価基準データベース
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/51051

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加