これからの社労士は、給与計算を受託しないと生き残ることが
できない。

しかし、給与計算の契約を獲得するのは意外と難しい。
それは、顧客が自社の給与計算に問題を感じていないから。

また、給与計算はライバルとの差別化が難しいので、価格競争に
巻き込まれてしまう可能性も高い。

これまで、こんな話をしてきましたね。

では、給与計算の仕事はどうやって獲得すればよいのでしょうか?

結論から言えば、給与計算の売り込みをしないことです。

 えっ、売り込みをしないで、なんで契約が獲得できるんだ?

と不思議に思った人が多いでしょうね。

でも、思い出して下さい。

給与計算を受託している社労士事務所が、どうやって仕事を受託
したのかというアンケートです。

ほとんどの事務所が、『営業をしたことがない』と答えている
のです。

つまり、給与計算というのは積極的に売り込んで契約を獲得する
商品ではない、ということです。

給与計算だけで売り込みをしてしまうと、アウトソーシング会社
との競合になり、単価が安くなってしまいます。

 この理屈はおわかりになりますよね?

では、ここからは具体的な戦術の話をしましょう。

ポイントは、どうしたら相手の方から

 『先生の事務所で給与計算をやってもらえませんか?』

と言ってもらえるかを考えることです。

売り込みをしないというのは、そういうことです。

さて、あなただったらどうしますか?

まずは自分の頭で考えてみて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加