給与計算ビジネスを成功させるポイントは、

 どのように提案をして、契約を獲得するのか? 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

そのために、まず考えるべきことは、

 あなたの事務所の標準的な給与計算のやり方
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を決めておくことです。

具体的には、

 『ウチの事務所の給与計算はこのようなやり方ですが、
  それでよろしいでしょうか?』

という説明ができるレベルでなければなりません。

それがないと、

 『ウチの会社はこうやってやっているので、これまで通りの
  やり方でお願いします』

と言われてしまうからです。

これでは、「交渉のスタートライン」にすら立つことができません。

しかし、これまで給与計算業務を「受け身の姿勢」で引き受けてきて
しまった人には、自分の事務所の『型』というものがありません。

だから、顧客の言われたままのやり方でやらされてしまうのです。

実は、これは給与計算の実務に自信があるという人ほど陥ってしまう
「落とし穴」なのです。

なぜかと言うと、顧客の言われたことが「できてしまう」から。

実務に自信がある人は、どんなにマニアックな計算方法であっても、
難なくこなしてしまうのです。

むしろ、複雑な給与計算を要求されるほどやり甲斐を感じるという
「職人」みたいな人も多いようです。

しかし、あなたは「職人」ではなく「経営者」です。

経営とは、いかに効率よく仕事をして(生産性を高めて)、利益を
最大化するかを考えることです。

そのためには、業務を標準化することが不可欠なのです。

そこで重要になるのが、どのような条件で給与計算の仕事を受託
するのかということです。

いかに、あなたの事務所が効率よく給与計算ができるように条件を
取り付けるかというのが、経営者としての仕事なのです。

このような視点で考えれば、あなたの事務所の給与計算のやり方を
見直す必要があることに気づくはずです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加