れからの社労士は給与計算をやらない生き残ることができない

ということはわかった。

でも、

 『給与計算をやったことがない』

 『給与計算のやり方がわからない』

という人が結構いらっしゃるのかもしれません。

あるいは、ホンネを言えば

 『締日や支払日の前後に忙しくなるのでやりたくない』

 『計算を間違えると文句を言われるのでやりたくない』

という方も多いでしょう。

このあたりの話については、これからじっくりとお伝えをして行こう
と思っていますので、少々お待ち下さいね。

その前に、本日は「給与計算業務の獲得方法」について考えてみたい
と思います。

なぜなら、給与計算に対するあなたの「疑問」や「不安」が解決された
としても、最後まで残る最大の問題は

 どうやって給与計算の契約を獲得すればよいか?

ということだからです。

たとえ給与計算に対する「ノウハウ」や「やる気」があったとしても、
契約が獲得できないことには仕事になりませんからね。

でも、実は給与計算の契約を獲得するのは簡単なことではないのです。
それは、経営者は給与計算のことでは悩んでいないからです。

今でも給与計算は問題なくできている(と思っている)ので、

 「不満」や「不安」や「不便」を感じていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のです。

ビジネスというのは、

 「顧客が抱えている問題を解決すること」

 「顧客の願望を実現すること」

なので、顧客が「不満」や「不安」や「不便」を感じていない
状態では、商品やサービスの提案をすることが難しいわけです。

たとえば、あなたが給与計算の提案をしても、

 「えっ、給与計算? ウチの会社では問題ないできてるよ」

と言われてしまうのがオチなのです。

こんな風に言われてしまったら、あなたはどうしますか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加