今年度になってからの助成金は、本当に使い勝手のよいものが
少なくなってしまいました。

また、金額が少ない割には要件が厳しくなり、

 「こんなのやってられるか!」

と、ちゃぶ台をひっくり返してしまいたくなるような場面も多く
なりました。

周囲を見渡してみても、

 「助成金ビジネスはもう終わった・・・」

といって撤退する人たちもたくさんいます。

では、本当に助成金ビジネスはもうダメなのでしょうか?

私はそうは思っていませんし、むしろこんな時だからこそ大きな
チャンスがあると考えています。

だって、ライバルが次々と撤退してくれているのですからね。

その一方で、私たち社労士に対する助成金サービスのニーズは
相変わらず高いままなのです。

これって大きなチャンスだと思いませんか?

 顧客ニーズが高いのに、ライバルが少ない市場。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここを狙うのがビジネスの鉄則でもあります。

もちろん、環境が大きく変化しているのですから、ビジネスの
「やり方」も変えなければなりません。

ところで、なぜこのようなお話をしているのかというと、
今のような状況は過去に何度もあったからです。

ビジネスというのは、「良い時」も「悪い時」もあります。
つまり、バイオリズムのようなサイクルがあるのです。

たとえば、こんな感じです。

 助成金ビジネス20年間の歴史
 http://supervisor-ex.com/L71358/v527/4731

大事なことは、今のように市況が悪い時に何をするか?
ということです。

ここを上手く乗り越えることができた人だけが、「次の波」を
掴まえることができるのです。

助成金というのは、雇用保険料を財源として、国の労働施策を
実現させるためにあるものです。

だから、助成金制度そのものがなくなることは絶対にありません。

今年度からは支給額が少なくなったり、要件が厳しくなったとはいえ、
私たち社労士にとっては大変重要な「武器」の一つです。

だから、この「武器」を最大限に活用して、どのようにビジネスを
に結びつけるのかを考えることが、私たちの仕事なのです。

そんなことを真剣に考えている仲間が集まっているのが、こちらの
実践塾です。

 ◆助成金顧問獲得実践塾(第6期生) 説明会のお申込はこちら
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/5731

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加