助成金といえば、成功報酬型のビジネスだと思い込んでいる人が
あまりにも多すぎます。

 「タダで貰えて返済の必要のないお金」

 「報酬は助成金が出てからの後払いで結構です」

もちろん、少し前まではこのようなビジネスモデルが通用していた
のは事実です。

しかし、今はもう時代が変わりました。

助成金の支給額が全体的に少なくなり、そのわりには添付書類の
チェックが非常に厳しい。

申請するまでの期間が長くなり、審査にも時間がかかるように
なりました。

結果として私たちの報酬がいただけるのは、仕事を受注してから
1年半~2年後というのが一般的です。

しかも、新しい助成金には、施策を実施してから3年後に申請する
なんてものもあります。

これでは、まったくビジネスになりません。

では、どうすれば良いのか?

それは、時代が変わったのですから、その変化に合わせて
ビジネスのやり方も変えるということです。

具体的には、助成金を「スポット契約」や「成功報酬型」で
提供するのをやめるのです。

それが、私たちが行っている「助成金顧問契約」です。

「助成金顧問契約」とは、助成金に関する最新情報を提供する
サービスです。

顧問契約と組み合わせることで、あなたの事務所に安定的・
継続的な収益をもたらします。

助成金顧問契約には申請業務は含まれませんので、納期に追われて
バタバタすることもありません。

これまでとは、まったく違うビジネスモデルなのです。

このような話をすると必ず

 「お客様に助成金が入金されていないのに、どうやって報酬を
  請求するのですか?」

という質問があります。

もしかしたら、このメルマガを読んでいるあなたも、そのように
感じているかもしれません。

しかし、それはあなた自身が

 助成金=お金を持ってきてあげる仕事
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと思っているからなのです。

別の言い方をすれば、あなた自身が「お金」を追いかけている
ということです。

 お客様に助成金が入金されないと、
 自分たちの報酬を請求してはいけない

という間違ったマインドセットをしてしまっています。

助成金顧問サービスを提供するのであれば、まずはこの「考え方」
を変えなければなりません。

私たちが行っている助成金顧問サービスは、

 お金を追いかけない助成金ビジネス
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

そんなビジネスが本当に成り立つのか?

その秘密が知りたい方は、以下の説明会にお越し下さい。

 ◆助成金顧問獲得実践塾(第6期生) 説明会のお申込はこちら
  http://supervisor-ex.com/L71358/v527/2631

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加